海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格 ]
苦いオードブル
テカムス・フォックスシリーズ
レックス・スタウト 出版月: 2007年03月 平均: 6.00点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


早川書房
2007年03月

No.2 6点 八二一 2021/05/12 20:44
名探偵テカムス・フォックスの虜になる作品。綿密に容疑者の間を調べ上げる正統的な推理小説の面白さはもちろん、おしゃれでウィット富んだ会話で楽しませてくれる。

No.1 6点 nukkam 2016/06/11 01:04
(ネタバレなしです) 1940年発表の本書はテカムス・フォックスシリーズ第2作の本格派推理小説です。「手袋の中の手」(1937年)の女性探偵ドル・ボナーも顔を出しますがわずかな登場シーンだけの脇役扱い、しかも活躍しているとは言えないのがちょっと残念。私立探偵に対して必ずしも協力的ではない事件関係者からどうやってフォックスが情報を探り出すかというのを丹念に描いているところはネロ・ウルフシリーズと共通していますね。本書のプロットなら危機に巻き込まれたエイミーにもっと焦点を当ててサスペンスを盛り上げるというのも一つのやり方ではあったでしょうけど、探偵の丁寧な捜査と推理を堪能できる本格派推理小説として手堅く書かれた作品に仕上がりました。


レックス・スタウト
2019年02月
ネロ・ウルフの災難 女難編
平均:6.00 / 書評数:1
2018年12月
ギャンビット
平均:5.00 / 書評数:1
2017年10月
遺志あるところ
平均:6.00 / 書評数:1
2016年11月
ネロ・ウルフの事件簿 アーチー・グッドウィン少佐編
平均:6.00 / 書評数:1
2015年10月
ネロ・ウルフの事件簿 ようこそ、死のパーティへ
平均:6.00 / 書評数:2
2014年10月
黒い蘭―ネロ・ウルフの事件簿
平均:6.00 / 書評数:1
2009年09月
黒い山
平均:6.00 / 書評数:1
2007年03月
苦いオードブル
平均:6.00 / 書評数:2
2006年04月
手袋の中の手
平均:6.00 / 書評数:1
2005年10月
アルファベット・ヒックス
平均:6.00 / 書評数:1
2005年02月
編集者を殺せ
平均:5.67 / 書評数:3
2003年10月
殺人犯はわが子なり
平均:5.25 / 書評数:4
1987年11月
シーザーの埋葬
平均:6.40 / 書評数:5
1986年10月
ネロ・ウルフ対FBI
平均:6.00 / 書評数:2
1984年09月
ネロ・ウルフ最後の事件
平均:4.00 / 書評数:1
1983年02月
マクベス夫人症の男
1976年10月
料理長が多すぎる
平均:6.00 / 書評数:8
1961年01月
ラバー・バンド
平均:6.00 / 書評数:2
1960年01月
腰ぬけ連盟
平均:5.00 / 書評数:2
1959年01月
赤い箱
平均:5.00 / 書評数:3
1958年10月
我が屍を乗り越えよ
1958年01月
毒蛇
平均:5.00 / 書評数:3
1955年06月
黄金の蜘蛛
平均:6.00 / 書評数:1
不明
Xと呼ばれる男
平均:6.00 / 書評数:1
ロデオ殺人事件
平均:4.00 / 書評数:1
語らぬ講演者
平均:4.00 / 書評数:1
究極の推論
平均:6.00 / 書評数:2
女が多すぎる
平均:5.00 / 書評数:1
ファーザー・ハント
平均:4.00 / 書評数:1