海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 社会派 ]
半落ち
横山秀夫 出版月: 2002年09月 平均: 6.68点 書評数: 44件

書評を見る採点するジャンル投票


講談社
2002年09月

講談社
2005年09月

No.24 6点 E-BANKER 2009/09/21 22:28
世間的評価の高さに引かれて読破。
確かに「良い小説」だと思いました。空白の2日間にまつわる話も納得いくものだという感じ。(まぁ、驚きはないですが)
ただ、ミステリーとしての評点はこんなもんかなぁ・・・
ほかの作品も多分面白いだろうとは思うんですが、他の読みたい作品に優先して読もうとはなかなか思えないです。

No.23 6点 E 2009/06/10 22:57
「空白の二日間」の謎が・・・一寸;
もっと驚愕なor納得の理由かと思っていたので、最後に肩透かししてしまいました。でもそれまでは面白かったですし、後味も悪くなかったです。

No.22 4点 2009/03/17 11:26
とにかくラストがひどすぎた。直木賞を逃すのも当然。
テンポもよく、構成も抜群なのに惜しい。やはり、ミステリだけでなく、小説はラストが評価の決め手ですね。

(思いついて追記) 2009.6.5
本作について直木賞の選考会では、横山氏の候補作品である本書に関して、とある理由で女流作家が大騒ぎし、その後大波紋となったそうです。その経緯については納得のいかないことも多いのですが、だからといって本書を擁護する気にはなれません。

本作を一文で評すれば、「最後の数ページを除けばすぐれたミステリ、ラストは臭いヒューマンドラマ」です。「空白の2日間」という謎を最後まで引っ張っておきながら、あんな結末で締めくくるなんて、ミステリファンをなめてるのか、と言いたくなります。(少し私の偏見もあるのですが)

横山氏の短編は概ね絶品です。でも、短編が良いということは、逆に言えば長編はイマイチなんでしょうか?そのあたりを探れば、本作(横山氏)の欠点の本質が見つかるかもしれません。

No.21 6点 spam-musubi 2008/11/21 19:43
読みやすく、かつ軽くない文章。全編を貫く緊迫感。相変わらず面白いです。

犯人が自殺しなかった理由が最大の焦点ですが、うーん…、どこまで納得できるかは微妙。
あれなら、「歌舞伎町へ行って、もう思い残すことはなくなった」というほうがスッキリするような…
(それじゃあこの話は成り立たないんですけど)。

また、最後に志木がどうやって真相にたどり着いたのかがわからず、気になりました。

No.20 5点 ある 2008/11/09 03:38
黙秘の動機についてはちょっと…という気がしました。
泣ける話なんですけど。
検察官と警察官の駆け引きみたいなの話の部分が楽しめました。

No.19 8点 ルカ 2008/08/27 00:34
オチが弱い気がします。私みたいにどんでん返しを求める人には少し物足りないです。

でも話のテンポは良かったし、それなりに楽しめました。

No.18 7点 yoshi 2008/07/06 13:12
良いはなしだと思いました。ただ、ツッコミどころは満載ですね。そこまで秘匿する覚悟のある人間が、うっかりテッシュを受け取って、ポケットなんかに入れておくかな? とか

No.17 6点 sasami 2008/07/05 20:56
いい話だと思いますが
さんざん引っ張った割りに黙秘の理由がちょっと弱かったかな。
そこまで隠さなくてもいいじゃん

No.16 8点 深夜 2008/01/23 22:14
構成がなかなか凝っていて面白かった。落ちない部分に関しては、確かに引っ張っている感も強かったが、ミステリーとしては十分に良かったと思う。感動はしなかったが。

No.15 6点 dei 2008/01/02 21:17
オチに対して引っ張りすぎ。
感情移入もしずっらかったが、もう少し年をとればできるようになるのかもしれない。

No.14 9点 itokin 2007/12/31 10:16
これも大好きな作品だ。最後まで一気に読ませる筆力に脱帽。なぜ直木賞が取れなかったのか疑問。これほど完成度(読者を感激させる)の高い小説はそうない。
最後は、泣かされた。

No.13 5点 おしょわ 2007/10/13 22:53
どう考えても引っ張りすぎ。

No.12 5点 ぷねうま 2007/09/19 15:57
ここまで隠すってことはよっぽどなんだろうとハードルがマックスまで上がりきってたので真相聞いても「へぇ~」ぐらいにしか思えなかった。
もちろん、素晴らしくいい話だと思いましたよ。

No.11 9点 ひこうき雲 2007/05/27 21:44
警部が自分の妻を殺したと自首してきた。一体何があったのか?
ホントその理由を知りたいという衝動にかられながら、常に飽きることなる一気に読んでしまう程の面白さだった。
ただ、私的には、その理由のインパクトが少々欠けた為、10点満点とはなりませんでした。

No.10 5点 884 2005/04/23 19:25
 僕は映画を先に見ました。映画は不親切でしたが、こっちよりは見やすかったかな。感情を伝えるのに文字は不向きなんだと思いました。

No.9 7点 いと 2005/01/23 23:19
結構じーんと来たんだけど、「ここまで隠さなきゃだめかな」って気も。まさに半落ち。

No.8 8点 sophia 2005/01/14 02:25
警察や検察、裁判所、マスコミ等の内幕に関心があるので、
全部見せてくれたこの作品は大変お得でした。
隠していた歌舞伎町行きの真相も感涙ものですが、
それをより際立たせる構成が白眉ですね。
保身やメンツを超越した人間愛、それがこの作品のテーマでしょう。

No.7 8点 どんたま 2004/11/08 01:14
映画化もされたし、某ミステリ誌で中身以外のことが話題になったりしたのですが、本当は先入観なしに読んで欲しいです。泣かせるいい話ですから。

No.6 9点 どんたま 2004/11/04 23:06
いい話なんだからつべこべ言わずに読んどくれ!

No.5 9点 SD 2004/03/11 23:02
メジャーな作品なのであまり期待せずに読みましたが思ったよりはるかによかったです。まるでクラシック音楽の4楽章のようで途中アダージョ気味な部分も全体を構成する上では大切な部分だったと感じました。ただ一つだけ突っ込むとすれば「現職の警察官なら黙秘すると余計に興味を持って調べられる事くらいわかるだろう。」と・・・。


横山秀夫
2019年02月
ノースライト
平均:7.33 / 書評数:3
2012年10月
64(ロクヨン)
平均:6.95 / 書評数:19
2010年03月
臨場 スペシャルブック
平均:4.00 / 書評数:1
2005年07月
震度0
平均:7.12 / 書評数:8
2005年05月
ルパンの消息
平均:5.57 / 書評数:7
2004年08月
出口のない海
2004年04月
臨場
平均:7.14 / 書評数:14
2004年01月
看守眼
平均:6.50 / 書評数:8
2003年11月
影踏み
平均:5.60 / 書評数:5
2003年08月
クライマーズ・ハイ
平均:7.10 / 書評数:20
2003年05月
真相
平均:6.80 / 書評数:10
2003年02月
第三の時効
平均:7.68 / 書評数:47
2002年12月
深追い
平均:6.20 / 書評数:10
2002年10月
平均:6.92 / 書評数:12
2002年09月
半落ち
平均:6.68 / 書評数:44
2000年10月
動機
平均:7.13 / 書評数:23
1998年10月
陰の季節
平均:6.50 / 書評数:16