海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
伽藍堂の殺人~Banach-Tarski Paradox~
堂シリーズ
周木律 出版月: 2014年09月 平均: 6.50点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2014年09月

講談社
2017年09月

No.2 6点 makomako 2019/01/27 11:27
 堂シリーズも4作目となり、建物トリックはさらにスケールアップしたようです。私は堂の図面が示された時点で(今回は島の見取り図のようなものですが)何とかトリックを見つけようと考えるのですが、やっぱり分かりませんでした。謎解きをされる非常に壮大な仕掛けにびっくり。いつも作者がのべているように本当はこんなことはできそうもないと思われますが、理屈上はできないことはないということで、これはこれで良しとしたいですね。
 これもいつものお話の進め方なのですが、きちんと解決したと思っていたところで、ちょろっと最後のおまけがついていて、これがまたとんでもないどんでん返しとなっています。
 今回のどんでん返しは納得はするのですが、結論はこれでよいのかなあといった印象はぬぐえません。

No.1 7点 虫暮部 2014/11/05 20:07
 高まる期待に応えて、ちゃんと前作を上回る大仕掛けの変な建築物を提示してきたのは見事。もしかして既にトリックのネタは全て用意してあって、それを下から順に出してる?(それはそれで凄い)
 ただ4作目ともなると、被害者達がわざわざ殺されに集まっているような印象になってしまう。
 また、百合子の謎解きで“リモコンで十分”のあと、名前の言葉遊びで一足飛びに犯人を特定しているのはいただけない。
 
 あと冒頭部分で突っ込みたくなった。船酔いは船酔いの話をするとオエッと来るんだよ。


周木律
2019年02月
大聖堂の殺人 ~The Books~
平均:4.67 / 書評数:3
2018年12月
鏡面堂の殺人~Theory of Relativity~
平均:6.00 / 書評数:2
2018年09月
死者の雨 -モヘンジョダロの墓標-
平均:5.00 / 書評数:1
2016年11月
LOST 失覚探偵
平均:3.00 / 書評数:1
2015年07月
教会堂の殺人〜Game Theory〜
平均:3.33 / 書評数:3
2015年06月
猫又お双と消えた令嬢
2014年12月
アールダーの方舟
平均:6.00 / 書評数:1
2014年09月
伽藍堂の殺人~Banach-Tarski Paradox~
平均:6.50 / 書評数:2
2014年05月
災厄
平均:5.00 / 書評数:3
2014年02月
五覚堂の殺人~Burning Ship~
平均:6.33 / 書評数:3
2013年08月
双孔堂の殺人~Double Tours~
平均:6.00 / 書評数:5
2013年04月
眼球堂の殺人~The Book~
平均:5.69 / 書評数:13