海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
大聖堂の殺人 ~The Books~
堂シリーズ
周木律 出版月: 2019年02月 平均: 4.67点 書評数: 3件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2019年02月

No.3 6点 虫暮部 2019/05/01 12:51
 何故この人達は殺される危険性を承知の上で従容と成り行きに従うのか? の答として、登場人物(百合子も含む)の“狂信”がそれなりに感じられて良かった。
 しかし、ネタバレするが、トリックは不充分だ。温度が上下すれば水も影響を受けるわけで、水蒸気の痕跡が残る、注水口が凍りつく、といった問題が生じる筈だがそれについて言及されていない。

No.2 2点 はっすー 2019/02/25 01:47
ついに周木律氏の堂シリーズの最終巻が出ました
一応シリーズは全部読んだのですが面白いと思えたのは『伽藍堂の殺人』だけでした
比較的『伽藍堂の殺人』までの作品は良かったのですが『伽藍堂の殺人』以降の作品はどれもがっかりなレベルになっておりそんな中の最終巻でしたので期待はしていませんでした
いわゆる天才が殺人を犯すという西尾維新や森博嗣がやっていたパターンなのですがその天才の描き方が下手くそで寒い…天才ではなくただの痛々しいおじいちゃんと主人公たちにしか見えませんでした…
ミステリとしてトリック自体は大技なのですが面白くなく犯人が最初から分かっているハウダニット一本の作品としてはこの長さ(600ページ)は長すぎ…解説も内輪の人間がひたすらシリーズを褒めまくるというもの…もう何もかもががっかりな最終巻でした

No.1 6点 makomako 2019/02/19 07:42
 堂シリーズもいよいよ最終です。
 もともとシリーズ化する予定ではなかったようなので、シリーズ全体としてみると数々の矛盾点がありますが、それは良しとしましょう。
 眼球堂でスケールの大きな本格推理として始まったのが、次第に幻想小説のようになり、教会堂では相当いけなくなったのですが、その後何とか多少持ち直し今回の最終となったように感じています。
 最初の方はあまり面白くない話をグタグタと述べながら進みます。最終章なので全体のまとまりを付けねばならないのでまあやむを得ないのでしょう。
 今回はとてつもないスケールのトリックが出てきます。こんなことしなくてもこの殺人は可能のように思いますが、とにかくとんでもないです。 
 そのため現実には絶対無理(まあ今までのお話でもたいがい無理ですが)と感じられ、現実感が乏しいのです。
 最後は完全に幻想小説となってしまいました。
 長い小説を書いてくれた感謝の意味を込めてこれでも評価は多少甘めです。


ちょっとネタバレ

最期のカタストルフィーはこの島のトリックを使えば簡単に逃げ出せそうですが。
大体---って浮くのかねえ。


周木律
2019年02月
大聖堂の殺人 ~The Books~
平均:4.67 / 書評数:3
2018年12月
鏡面堂の殺人~Theory of Relativity~
平均:6.00 / 書評数:2
2018年09月
死者の雨 -モヘンジョダロの墓標-
平均:5.00 / 書評数:1
2016年11月
LOST 失覚探偵
平均:3.00 / 書評数:1
2015年07月
教会堂の殺人〜Game Theory〜
平均:3.33 / 書評数:3
2015年06月
猫又お双と消えた令嬢
2014年12月
アールダーの方舟
平均:6.00 / 書評数:1
2014年09月
伽藍堂の殺人~Banach-Tarski Paradox~
平均:6.50 / 書評数:2
2014年05月
災厄
平均:5.00 / 書評数:3
2014年02月
五覚堂の殺人~Burning Ship~
平均:6.33 / 書評数:3
2013年08月
双孔堂の殺人~Double Tours~
平均:6.00 / 書評数:5
2013年04月
眼球堂の殺人~The Book~
平均:5.69 / 書評数:13