海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
災厄
周木律 出版月: 2014年05月 平均: 5.00点 書評数: 3件

書評を見る | 採点するジャンル投票


KADOKAWA/角川書店
2014年05月

KADOKAWA
2017年07月

No.3 4点 はっすー 2017/08/21 23:21
堂シリーズを全部読んだのでこっちの方も読んでみました
災厄の正体などは悪くは無いのですが政治家たちと主人公の争いや主人公の妻と友人の話が半沢直樹シリーズに影響を受けてる感じ…特に最後の展開はさすがにやり過ぎてて寒かったです…

No.2 6点 アイス・コーヒー 2014/10/26 12:38
「眼球堂の殺人」でメフィスト賞を受賞した著者の初ノンシリーズ長編。本格の体裁をとった「堂」シリーズの方は未読だが、本作はパニックサスペンスになっている。
本格ミステリ作家らしく、意外な不審死の正体や巧妙な伏線など、秀逸な点が各所に見られ割と面白かった。確かにこれでは日本が壊滅するのも頷け…。
文章も読みやすくスラスラ読み進められた点も好印象。とりあえずサスペンス路線での活躍も期待できそうだ。
ただ、政府が即座に四国での不審死をテロだと主張した理由がよくわからない。著者が再三再四言い訳をしてなんとかこじつけようとしているのは感じられたものの、ここの展開がご都合主義すぎて気になってしまった。
それにあっさり終わらせないラストも少し気に入らない。日本人的な結末ではあるけど、B級サスペンスでそんなこだわりを入れなくてもいいのに…。
とはいいつつも面白かったことには変わりないので、映像化していただきたい一冊だ。

No.1 5点 虫暮部 2014/08/11 20:25
 安生正『生存者ゼロ』のオルタナティヴといった感。真似だとは言わないし、思い切ったネタも面白いけど。西尾維新作品でも壊滅するし、四国は受難の地である。政治家や役人のキャラクターは典型的だし、主人公のプライヴェートな確執もあまり物語を深くする役目は果たせていない気がする。


周木律
2019年02月
大聖堂の殺人 ~The Books~
平均:4.67 / 書評数:3
2018年12月
鏡面堂の殺人~Theory of Relativity~
平均:6.00 / 書評数:2
2018年09月
死者の雨 -モヘンジョダロの墓標-
平均:5.00 / 書評数:1
2016年11月
LOST 失覚探偵
平均:3.00 / 書評数:1
2015年07月
教会堂の殺人〜Game Theory〜
平均:3.33 / 書評数:3
2015年06月
猫又お双と消えた令嬢
2014年12月
アールダーの方舟
平均:6.00 / 書評数:1
2014年09月
伽藍堂の殺人~Banach-Tarski Paradox~
平均:6.50 / 書評数:2
2014年05月
災厄
平均:5.00 / 書評数:3
2014年02月
五覚堂の殺人~Burning Ship~
平均:6.33 / 書評数:3
2013年08月
双孔堂の殺人~Double Tours~
平均:6.00 / 書評数:5
2013年04月
眼球堂の殺人~The Book~
平均:5.69 / 書評数:13