海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
黒祠の島
小野不由美 出版月: 2001年02月 平均: 6.05点 書評数: 19件

書評を見る | 採点するジャンル投票


祥伝社
2001年02月

祥伝社
2004年06月

新潮社
2007年06月

No.19 6点 ぷちレコード 2021/04/11 23:54
ある論理を貫徹させるために、一つの村と宗教を作り上げてしまうという発想が卓抜だと感じた。特殊でいて借り物でない物語の舞台が、鮮やかな犯人像をくっきりと浮かび上がらせている。びっくりするような驚きはないものの、物語のテーマが静かな熱をもって迫ってくる。

No.18 6点 TON2 2012/12/28 18:31
NONNOVEL
(ネタバレ)
 明治の国家神道から外れた神を祀る黒祠の島で起こる殺人事件です。島に祀られている神は、悪人に罰をもたらすという言い伝えがあります。
 幼いころの悲惨な記憶から、幼なじみが入れ替わったというトリックは、なかなか面白いと思いました。

No.17 8点 smile66 2011/06/09 20:00
孤島での民族風習絡みのおどろおどろしい殺人事件というわけで入りは完璧です。
でも、いわゆる「名探偵」でもない「ちょい探偵」ぐらいの主人公視点なので、
かなり右往左往して展開に緊張感がないかもしれません。
あと、初めは恐怖感がありましたが中盤位から全く怖くなくなりました。

でもプロットや舞台背景はよく練られているし、それに付随する伏線も申し分ないと思いました。
推理もあれやこれやと展開して読んでいるだけで楽しかったです。
最後は爽やかに終わるのが好印象でした。

No.16 4点 メルカトル 2010/07/01 23:59
「獄門島」を意識した訳ではないだろうが、プロットや設定はそれを思わせる。が、そんな魅力的な舞台設定を全く生かしきれていないのは残念である。
確かに小野不由美の作品でなかったら、これ程評価されなかったであろう、まさにイマイチの作品。

No.15 5点 touko 2010/01/15 23:27
道具立ては派手だし、設定もおどろおどろしいのに、単調で盛り上がりに欠けます。。
トリックは凡庸とはいえ、書きようによってはもっと面白くなりそうなのに、派手な登場人物の沢山出てくるラノベや長編ホラーで名の売れている作家にしては、登場人物の誰も印象に残らないは、まったく怖くもないのでは拍子抜け。

No.14 4点 江守森江 2009/05/23 18:57
途中まではハラハラしながら読んだが・・・
最後の方の記憶が薄い。
その程度の作品。

No.13 6点 nukkam 2009/05/11 11:23
(ネタバレなしです) 小野不由美(1960年生まれ)というと「十二国記」シリーズなどのファンタジー小説やホラー小説の書き手のイメージが強く、2001年に発表された本書が本格派推理小説だったのにはかなりの読者が驚いたのではないでしょうか。舞台の特殊性のためか21世紀に書かれたとは思えぬほど古風な雰囲気が漂います(私は横溝正史の「獄門島」(1947年)を連想しました)。前半はシンプルな展開で読みやすいのですが中盤からは名前は会話の中に出てくるけど生身の人間としてはなかなか登場しない人物が増えて頭の整理が大変になるので、登場人物リストを作成することを勧めます。ホラー小説で評価の高い作家だけあってきちんと謎解きをしながらも通常の本格派推理小説の常識を超越した決着の仕方はかなり衝撃的です。

No.12 4点 abc1 2009/02/03 04:11
主人公が少しずつ事件を知っていくわけですが、展開がのろすぎでダレます。薀蓄は別にいいのですが、島の(というか例の一家の)人間関係の叙述も長すぎる。この長さの半分だったら傑作になっていたかも知れない。

No.11 5点 884 2004/10/26 16:38
 ミステリ部分は置いておくとして、物語的には不満足感の残るできだと思います。登場人物が無個性で、特に主人公は存在感が希薄です。あとは無力感が残るぐらいでしょうか。
 いいところは最後がハッピーエンドで終わるところですね。少なくとも主人公にとっては。

No.10 10点 パブロピカソ 2004/08/14 02:00
これはすごい。私の思う本格ミステリそのものだ。ディテールに凝った設定と緻密な筆力で、島のとんでもない狂気と異常心理、そしてあの動機を成り立たせている。そのためには冗長と思われがちな薀蓄がよほど効いてきている。まるで、無駄な一文がないかのようだ。
この作品はそれほどに完璧ではないか。

No.9 6点 バファックス 2004/07/03 00:02
ヒール型ヒーローの登場シーンがよさげ。
歌舞伎の台本とかにリライトできないか?
歌舞伎、あんまり、見ないけど。

No.8 4点 SD 2004/03/11 22:56
小野不由美さんの作品は初めて読んだのですが途中少し説明口調なのが多く感じました。ラストもなんだか出来すぎで・・・。

No.7 8点 じゃすう 2004/02/26 00:45
天才変人系の探偵にはだいぶ食傷していたので、こういう全て探偵視点の地道な話も面白いと思いました。
途中、読むのがおっくうな部分もありましたが、雰囲気やラストのどんでん返し的仕掛けは個人的に好きです。
最後、○○を確認する直前で終わってたら不満が残ったでしょうけど。

No.6 10点 りえ 2004/01/22 22:35
二回読むと、素晴らしさが分かる!

No.5 8点 梨杏 2003/08/18 23:54
あまりミステリーを読まないので、専門的なことは分かりませんが、島や文化の描写は私なんかには思いつかない素晴らしいものがあると思います。
確かに、展開も早い段階である程度想像できましたが、この作者が描く一人ひとりの生き様に注目することで、そこから更に自分の想像を広げていけることが可能となるのではないでしょうか。

No.4 4点 クールガイ 2003/07/25 01:46
小野不由美というネームバリューがなかったら・・・。

No.3 4点 一二三 2003/07/22 16:46
なんとなく、二人の写真が出てきた時点でなんとなくわかっちゃいました。屍鬼でもそうだったんだけれど、ラストが不満足。この人はミステリよりもホラーやファンタジー向きだと思います。

No.2 6点 寝呆眼子 2002/08/29 21:20
黄昏た雰囲気は、とっても気に入りました。ただ、すべてをすっきりと解決してくれたようには思えず、今後の期待を込めて、ちょっと辛めの採点です。

No.1 7点 由良小三郎 2002/04/20 18:25
残された古い習俗、よそ者の受け入れをこばむ閉鎖的な島というミステリの雰囲気を盛り上げる設定が、時代を現代にもってくると成立させるのは難しいのか後半、普通の田舎の話になります。
古代信仰に対する蘊蓄(京極さん風)がおまけです。探偵と助手のキャラクタはなかなかよいとおもいました。


小野不由美
2019年10月
白銀の墟 玄の月
平均:8.00 / 書評数:1
2014年12月
営繕かるかや怪異譚
平均:7.00 / 書評数:1
2013年12月
華胥の幽夢
平均:8.00 / 書評数:1
2012年12月
東の海神 西の滄海
平均:7.00 / 書評数:1
2012年07月
残穢
2003年07月
くらのかみ
平均:5.83 / 書評数:6
2001年02月
黒祠の島
平均:6.05 / 書評数:19
2000年04月
風の海 迷宮の岸
平均:7.00 / 書評数:1
1998年09月
屍鬼
平均:7.59 / 書評数:32
1997年06月
緑の我が家
平均:6.00 / 書評数:1
1995年03月
過ぎる十七の春
平均:6.00 / 書評数:1
1994年04月
東亰異聞
平均:5.56 / 書評数:9
1994年03月
悪夢の棲む家
平均:6.00 / 書評数:1
1992年06月
月の影 影の海
平均:7.00 / 書評数:1
十二国記
平均:8.67 / 書評数:6
1991年09月
魔性の子
平均:6.33 / 書評数:3
1989年07月
ゴーストハント1 旧校舎怪談
平均:4.00 / 書評数:1
1988年12月
メフィストとワルツ!
1988年09月
バ―スデイ・イブは眠れない