海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ ホラー ]
くらのかみ
小野不由美 出版月: 2003年07月 平均: 5.83点 書評数: 6件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2003年07月

No.6 5点 白い風 2013/07/12 22:08
ミステリーランド第一回発刊の3冊のうちの1冊ですね。
くらのかみ(座敷童子)も出てきて、不思議な世界でしたが、ミステリーとしてはレベル高かった気がします。
もしかして子ども向けにはちょっとレベル高過ぎだったかも?
と思っているのは私だけで、イマドキの子どもにはこれ位のレベルがいいのかな?(笑)

No.5 4点 蟷螂の斧 2012/08/05 21:53
(ミステリーランド)英文タイトルは座敷童子なので、こちらを主題にしてほしかったと思います。四人ゲームが五人になったことについて、子供たちの疑心暗鬼(誰が増えたのか?)がもっと前面に出れば面白かったのですが・・・毒草事件などに主題が移ってしまい、ややピントがずれてしまったような気がしています。「かつて子どもであったあなたと少年少女のための-ミステリーランド」前者にとっては、若干物足りないといったところです。

No.4 5点 VOLKS 2010/09/02 11:43
「宴の支度は整いました」
どこかでみたこのフレーズ・・・(笑)
子供の頃、夏休みに父の田舎に行って従兄弟達と遊んだことを思い出した。

No.3 5点 江守森江 2009/05/23 18:55
ミステリーランド作品としての巷の評価程の作品とは思えなかった。
期待して読まなければ水準レベルにはある。

No.2 7点 884 2004/02/03 13:44
 「くらのかみ」(講談社)
座敷童と毒物混入事件。タイトルがくらのかみ、英字のタイトルが"Zashikiwarashi"なので、主題は座敷童なのでしょう。
 少年ものらしく子供たちの性格付けに悪意がなく、結末まですっきりと読むことができました。同世代の子供たちの連帯はなかなか微笑ましくていいですね。

No.1 9点 寝呆眼子 2003/08/20 19:46
作品名:「くらのかみ」(講談社)
子どもにも読みやすいように、漢字には全部ルビがふってある叢書ですが、その内容はといえば、大人が読んでも十分以上に楽しめる「本格」でした。なんとなく推測できる部分と、「やられた!」と感じる部分とのバランスがとても良いように思います。「将来、子どもに読ませるために」などと言い訳しながら買いましたが、この話を読んで楽しめる年齢って、何歳くらいからなんでしょうか。(謎解きの部分、小学校高学年なら理解できるかなあ。)


小野不由美
2019年10月
白銀の墟 玄の月
平均:8.00 / 書評数:1
2014年12月
営繕かるかや怪異譚
平均:7.00 / 書評数:1
2013年12月
華胥の幽夢
平均:8.00 / 書評数:1
2012年12月
東の海神 西の滄海
平均:7.00 / 書評数:1
2012年07月
残穢
2003年07月
くらのかみ
平均:5.83 / 書評数:6
2001年02月
黒祠の島
平均:6.05 / 書評数:19
2000年04月
風の海 迷宮の岸
平均:7.00 / 書評数:1
1998年09月
屍鬼
平均:7.59 / 書評数:32
1997年06月
緑の我が家
平均:6.00 / 書評数:1
1995年03月
過ぎる十七の春
平均:6.00 / 書評数:1
1994年04月
東亰異聞
平均:5.56 / 書評数:9
1994年03月
悪夢の棲む家
平均:6.00 / 書評数:1
1992年06月
月の影 影の海
平均:7.00 / 書評数:1
十二国記
平均:8.67 / 書評数:6
1991年09月
魔性の子
平均:6.33 / 書評数:3
1989年07月
ゴーストハント1 旧校舎怪談
平均:4.00 / 書評数:1
1988年12月
メフィストとワルツ!
1988年09月
バ―スデイ・イブは眠れない