海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ SF/ファンタジー ]
十二国記
十二国記シリーズ
小野不由美 出版月: 1992年06月 平均: 8.67点 書評数: 6件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1992年06月

新潮社
2012年06月

No.6 7点 zuso 2021/04/26 23:11
古代の中国思想に基づいた世界観に圧倒されるファンタジー冒険ストーリー。登場人物が全て素敵。

No.5 7点 バード 2019/07/01 14:43
十二国記シリーズの書評をここにまとめます。
(シリーズ読み進める毎に編集で追加します。)

「月の影 影の海」(7点)
シリーズ第一作目なので陽子と読者の認識が同じレベルなのが、物語に緊張感を走らせる。これだけテクニカルタームが多いのに読みにくさがほぼ無くその辺は上手く書いていると褒めざるをえない。
壮大な世界観を感じさせ、今後もこのシリーズを追いたいと思わせてくれた。中盤までの容赦の無さは読んでて辛いが、それでぐっと十二国の世界に引き込まれるのも確か。
まだまだ十二国世界の一部しか見られていないので、とりあえずこの評価。だが、この後も盛り上がるのだろうという期待感がある。

No.4 9点 あるびれお 2009/09/29 08:32
ミステリーじゃないけれど、小野不由美といえばこのシリーズなくして語れません。陽子がどんな国をこれから作っていくのか、続きを、首を長くして待っています。
わたしは講談社文庫に入ってから読み始めましたが、高校生くらいで読んでいたらもっとのめりこんでいたのでは、と感じました。娘がまもなく中学に入るので、はやみねかおるはそろそろ卒業してもらって、このあたりを薦めてみようかな。

No.3 9点 綾香 2005/04/16 01:02
『十二国記』
ファンタジーはニガテですがこれはいい!!
シリーズモノっていうのもスキ(^▽^)
しいて言えば、アニメが許せない(笑)
原作の方は文句なしです♪

No.2 10点 tak 2003/08/16 21:24
十二国記
とにかくおもしろい。墓の中まで持っていきたい。

No.1 10点 りえ 2003/07/24 00:02
「十二国記」シリーズ               小野さんの作品はデビュー作から読んでますが、コレが一番でしょう!最高!シリーズの中でも、最初の「月の影影の海」はダントツでおもしろいです。単に「ファンタジー」に分類してほしくない出来映え。


小野不由美
2019年10月
白銀の墟 玄の月
平均:8.00 / 書評数:1
2014年12月
営繕かるかや怪異譚
平均:7.00 / 書評数:1
2013年12月
華胥の幽夢
平均:8.00 / 書評数:1
2012年12月
東の海神 西の滄海
平均:7.00 / 書評数:1
2012年07月
残穢
2003年07月
くらのかみ
平均:5.83 / 書評数:6
2001年02月
黒祠の島
平均:6.05 / 書評数:19
2000年04月
風の海 迷宮の岸
平均:7.00 / 書評数:1
1998年09月
屍鬼
平均:7.59 / 書評数:32
1997年06月
緑の我が家
平均:6.00 / 書評数:1
1995年03月
過ぎる十七の春
平均:6.00 / 書評数:1
1994年04月
東亰異聞
平均:5.56 / 書評数:9
1994年03月
悪夢の棲む家
平均:6.00 / 書評数:1
1992年06月
月の影 影の海
平均:7.00 / 書評数:1
十二国記
平均:8.67 / 書評数:6
1991年09月
魔性の子
平均:6.33 / 書評数:3
1989年07月
ゴーストハント1 旧校舎怪談
平均:4.00 / 書評数:1
1988年12月
メフィストとワルツ!
1988年09月
バ―スデイ・イブは眠れない