海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト
皆さんから寄せられた5万件以上の書評をランキング形式で表示しています。ネタバレは禁止 していません。ご注意を!

[ その他 ]
夜のピクニック
恩田陸 出版月: 2004年07月 平均: 6.79点 書評数: 19件

書評を見る | 採点するジャンル投票


新潮社
2004年07月

新潮社
2006年09月

No.19 5点 みりん 2023/09/26 21:54
ただ本当に友達と歩くだけで、物語に起伏はない。でも高校の頃って友達とくだらない話をするのが1番楽しくて、あれこそが黄金の日々なんですよね。清涼感100%、ノスタルジーにたっぷり浸れる青春小説。ああ…たまにはこういう非ミステリ作品も良いな

※『アオハルの祭典』なら10点満点です

No.18 6点 ひとこと 2023/05/31 23:48
ミステリーではないけど楽しめた。

No.17 7点 sophia 2022/05/10 23:49
想定していたよりはミステリーだったのでその方向で期待してしまったのが間違いなのか、もう少し伏線回収があってほしかったという物足りない思いを抱いてしまいました。とは言えさすがに本屋大賞受賞作。思春期の登場人物たち、特に甲田貴子の心情描写の瑞々しさが素晴らしく、本来なら男の自分には聞いていられないはずのガールズトークも味わって読むことが出来ました。

No.16 4点 ムラ 2011/01/26 18:24
自分は青春してたかなぁというのを考えされられる作品。
ところどころに入ってくる、学生視点での風景の描写が綺麗。
そしてこの作品はなにより光一郎のキャラが良かった。全部彼に持ってかれた気がする。

No.15 6点 Q-1 2010/10/17 02:43
ミステリー作品なのかは判断しかねますが、
たった一日の高校行事に様々な人間模様が散りばめられており、感心しました。
遠足とは違いますがそういった思い出が蘇る作品です。

No.14 5点 メルカトル 2010/05/14 21:29
巷の評価と自分の感性の違いを再認識させられた作品。
展開が平坦すぎて盛り上がりに欠ける。
設定そのものは惹かれるものがあるが、もう少し何とかならなかったものか。

青春小説として、これは面白いのか?
正直、疑問だ。

No.13 6点 ZAto 2009/10/18 23:57
特別な夜だからこそ芽生える特別な感情。
彼と彼女たちの一歩一歩に蓄積される疲労感と刻一刻と消化していく時間がリアルであればあるほど読む側のノスタルジーが加速されていくという実感。

No.12 9点 あるびれお 2009/09/25 10:26
やはり高校時代に、50km程度の強歩大会というものがあった。ただ単に長い道のりを歩く、というだけなのに、高校時代のこういった行事って、なんであんなに特別なものなんだろう。その空気がとってもよく伝わってきて、ずっと楽しい読書だった。

No.11 4点 isurrender 2009/07/22 02:11
ミステリではないでしょうね
ですが、小説として評価するなら当然高評価です

No.10 7点 2009/06/25 20:57
これは「ミステリーではないかも知れない」どころではなく、全くミステリではありません(恐怖幻想系でさえない)。こういう小説を「ミステリの祭典」で取り上げるのはどんなものだろうと思ってしまいます。これを入れるのなら夏目漱石とかだって入れていいんじゃないでしょうか…などと文句を言いながらも、書評を書いているのですが。
それぞれの登場人物の抱える問題については、適当にごまかしてしまったようなところもありますが、主役の二人の扱いはさすがに爽やかでいいですね。いかにもなラスト・シーンもうまく決まっています。時々、歩行時間とページ数をチェックしながら読んでいきました。

No.9 10点 daiki 2009/06/02 09:14
これはミステリ、なのかなぁ・・・ 恩田陸の作品はどれも謎めいていてミステリになってしまいそう。青春ものとして最高に面白いと思います。キャラがいい。

No.8 8点 だい様 2009/06/02 00:48
幻想的な雰囲気が読んでいて心地よい。
それでいて爽やか。
恩田陸は本格ミステリーを語る非本格ミステリー小説を書くよりこう云う作品をもっと書けばいいのに・・・

No.7 7点 itokin 2008/12/12 11:16
よくもこうゆう単純な事で長編が書けるなあとまず感心する。
揺れ動く3年生の気持ちを個性豊かに描かれており共感を得ながら読み終えた。主人公たちに先は長いがんばれよとエールを送りたくなった。

No.6 9点 くろろ 2008/10/28 22:34
読後、暫く感傷的な気分に浸りました。
途中大きな事件が起きる訳でもなく、登場人物たちの揺れ動く心情や会話だけで、ラストまで一気に読まされました。

No.5 7点 なの 2008/05/04 21:34
ミステリじゃないですね。
まぁ楽しめたんでいいんですけど。
読むまでは、キングの「死のロングウォーク」みたいな話だとばかり・・・普通の学校行事ですやん。

No.4 7点 akkta2007 2007/07/27 12:46
「夜のピクニック」
ミステリーではないかも知れないが、非常に良い作品であった。
読み始めると先の先が知りたくなり、どんどん読み進む・・・
そんな感じの本であった。

数々の恩田作品があるが一番印象深い作品であった。

No.3 8点 ばやし 2005/05/16 17:07
「夜のピクニック」本当良かった!!凄い好き^^何でもないことが凄い楽しかったり悲しかったり嬉しかったりってゆう微妙な気持ちが凄いよくわかりましたねーあたしも今高3で進路のこととか色々あるけど励みになる1冊でした!

No.2 8点 884 2004/12/14 21:25
『夜のピクニック』新潮社/2004.7
 今年いちおしです。恩田陸の中で一番だと思います。
 高校最後の行事という非日常の時間において、みんなが普段言えなかったことをぶつけてます。若く、恩田陸らしく老成して(笑)、でも未来を感じさせる、そんな感じが大好きです。
 いつも終わらせかたをしくじる恩田陸が、きれいにまとめてきたことに敬意を表して。

No.1 6点 綾香 2004/08/20 22:41
『夜のピクニック』高校生が主人公。設定は悪くないし、キャラも魅力あるけど、終わり方が…。続編が続きそうな終わらせかただった。


キーワードから探す
恩田陸
2021年02月
灰の劇場
平均:7.00 / 書評数:1
2020年02月
ドミノin上海
平均:5.00 / 書評数:1
2019年11月
歩道橋シネマ
平均:5.50 / 書評数:2
2016年09月
蜜蜂と遠雷
2013年01月
夜の底は柔らかな幻
平均:5.00 / 書評数:1
2011年05月
夢違
平均:5.00 / 書評数:1
2010年01月
私の家では何も起こらない
2009年05月
訪問者
平均:7.00 / 書評数:1
2008年09月
きのうの世界
2008年07月
不連続の世界
平均:4.00 / 書評数:1
2008年02月
猫と針
平均:4.00 / 書評数:1
2007年12月
いのちのパレード
2007年07月
木洩れ日に泳ぐ魚
平均:6.00 / 書評数:1
2006年11月
中庭の出来事
平均:4.50 / 書評数:2
2006年03月
チョコレートコスモス
平均:6.00 / 書評数:1
2006年01月
エンド・ゲーム
平均:4.00 / 書評数:2
2005年10月
ネクロポリス
平均:6.50 / 書評数:2
2005年02月
ユージニア
平均:7.30 / 書評数:10
2004年09月
夏の名残の薔薇
平均:4.33 / 書評数:3
2004年07月
夜のピクニック
平均:6.79 / 書評数:19
2004年06月
Q&A
平均:4.50 / 書評数:2
2004年03月
黄昏の百合の骨
平均:7.00 / 書評数:3
2003年09月
まひるの月を追いかけて
平均:6.00 / 書評数:1
2002年12月
ねじの回転
平均:5.75 / 書評数:4
蛇行する川のほとり
平均:8.00 / 書評数:1
2002年11月
ロミオとロミオは永遠に
平均:6.00 / 書評数:1
2002年04月
劫尽童女
平均:7.50 / 書評数:2
2002年02月
図書室の海
平均:6.67 / 書評数:3
2001年12月
黒と茶の幻想
平均:8.00 / 書評数:4
2001年07月
ドミノ
平均:6.47 / 書評数:15
2001年02月
MAZE
平均:5.50 / 書評数:8
2000年12月
ライオンハート
平均:4.50 / 書評数:2
2000年10月
puzzle
平均:4.79 / 書評数:14
2000年08月
上と外
平均:7.60 / 書評数:5
2000年07月
麦の海に沈む果実
平均:7.38 / 書評数:13
ネバーランド
平均:7.25 / 書評数:8
2000年03月
月の裏側
平均:5.89 / 書評数:9
1999年11月
木曜組曲
平均:5.92 / 書評数:12
1999年10月
象と耳鳴り
平均:6.75 / 書評数:12
1997年10月
光の帝国 常野物語
平均:6.82 / 書評数:11
1997年07月
三月は深き紅の淵を
平均:6.00 / 書評数:21
1994年11月
不安な童話
平均:6.00 / 書評数:4
1994年04月
球形の季節
平均:6.60 / 書評数:5
1992年07月
六番目の小夜子
平均:6.16 / 書評数:37