海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 青春ミステリ ]
球体の蛇
道尾秀介 出版月: 2009年11月 平均: 5.86点 書評数: 7件

書評を見る | 採点するジャンル投票


角川書店(角川グループパブリッシング)
2009年11月

KADOKAWA / 角川書店
2013年01月

No.7 6点 sophia 2021/04/08 22:36
読んでいる最中は「ラットマン」のような過去の事件の反転を目指した作品なのかなと思っていましたが、それとはまたちょっと違うリドルストーリーでした。一応ミステリーではありますが、主人公の心情描写がメインで純文学寄りなのですかね。「球体の蛇」というタイトルはあまり的を射ていないように思います。

No.6 4点 風桜青紫 2015/12/29 02:02
「ブンガク」を志した瞬間にストーリーが退屈になる好例。「道尾は『球体の蛇』から文章がよくなった」なんて意見をけっこう聞くんだが、道尾秀介ほど実力のある作家ならこういう「いかにも」な文章は、やろうと思えばいつでも書けたのではないかと思う。もちろんサヨの子どもらしい残酷さがにじみ出た人物造形なんかは道尾らしさが出ていて、なかなか興味(割り箸を鉛筆削りにぶちこむとかね)をかきたてるけれども、それでも作品ひとつを支えるだけの力があるとは思えない。直木賞とるための実験作にしか見えないわけです。まあ、後の作品で結果的にとれたから、試みとしては悪くなかったんだろうけど。

No.5 7点 mohicant 2013/08/03 22:21
 最近の道尾秀介の作品の中では結構好きな方。いろいろとむごい。

No.4 7点 まさむね 2011/03/06 11:25
 作者にとっては,初のノンミステリ作品という位置づけらしいですね。しかし,青春小説としてのラストの心象を保ちながら,その実なかなか趣深いリドルストーリーに仕上げてます。この辺りに作者らしさを強く感じました。
 登場人物では,何と言っても「ナオ」がいい。印象に残ります。
 その後の直木賞受賞作品「月と蟹」(これまたノンミステリ)よりは,私は断然,この作品の方が好み。この作者の作品は,5期連続で直木賞候補に挙げられてますが(うち5期目の「月と蟹」で受賞),明らかに受賞作よりも「カラスの親指」やこの作品の方が良作。(候補作のうち「光媒の花」のみ未読だが)
 何はともあれ直木賞も手にしたことだし,再度,基軸をミステリにおいて欲しい…って(ある種わがままな)希望を込めて7点を。

No.3 5点 江守森江 2010/06/12 18:13
ミステリ分野に軸足を置く読者が、作者に求めて支持してきた、読者の思い込みを利した鮮やかな反転を齎す作品ではなく、一般文芸で直木賞狙いに方向転換した分岐点的な作品。
次の展開(捻り)を細かく晒しながら転がるストーリーなのでドンデン返しは小さくなるが、作者は敢えてしているのだろう。
主人公が真相に納得する形で幕を閉じるが、読者の側では火事の真相3パターン×智子の生死2パターンの計6通りから勝手に真相を想像するリドルストーリーだと考えれば水準レベルなミステリーだとは思える。
その一方で、作品の主題がトラウマ克服青春記で、そちらに気を取られたままリドルである事を意識せず読了するので、ミステリー色は非常に薄く感じる。
どこといって悪くないが、作者に求める物と違う為に不満は大きい。

No.2 6点 こう 2010/03/18 01:08
 読みやすく一気に読了できましたがこれまで読んだ道尾作品と違いミステリ要素がほとんどない作品でした。青春小説様でその割には主人公はかなり身勝手で青臭い感じで魅力が感じられず感情移入しづらいです。「ナオ」の父親も同様です。本を読んで真っ先に感じるのは同じ境遇にあった3人で一番若い「ナオ」に対する男2人の配慮はあまりにも欠けており結末はともかくストーリー中の「ナオ」の扱われ方はかわいそうだなあということでした。
 これまでの作品同様のひねりを期待する方なら拍子抜けするかもしれません。今回のはひねりといえるかどうか。
 発表ペースが速いのは喜ばしいですが本作品と同様の方向にはあまりいってほしくないです。

No.1 6点 おしょわ 2010/01/24 22:26
全体的にできすぎ感が強いです。
映像化狙って書いてる感じ。


道尾秀介
2021年05月
雷神
2019年10月
カエルの小指
平均:5.00 / 書評数:1
2019年07月
いけない
平均:5.33 / 書評数:3
2018年07月
スケルトン・キー
平均:7.00 / 書評数:1
2016年07月
スタフ staph
平均:6.00 / 書評数:1
2015年01月
透明カメレオン
平均:6.00 / 書評数:3
2014年04月
貘の檻
平均:5.33 / 書評数:3
2013年09月
鏡の花
平均:5.33 / 書評数:3
2013年01月
笑うハーレキン
平均:5.00 / 書評数:2
2012年09月
ノエル: -a story of stories-
平均:5.67 / 書評数:3
2012年06月
平均:6.00 / 書評数:1
2011年10月
水の柩
平均:5.75 / 書評数:4
2011年02月
カササギたちの四季
平均:5.43 / 書評数:7
2010年09月
月と蟹
平均:5.11 / 書評数:9
2010年05月
月の恋人
平均:4.00 / 書評数:2
2010年03月
光媒の花
平均:5.14 / 書評数:7
2009年11月
球体の蛇
平均:5.86 / 書評数:7
2009年08月
花と流れ星
平均:5.25 / 書評数:8
2009年05月
龍神の雨
平均:6.79 / 書評数:14
2009年01月
鬼の跫音
平均:6.35 / 書評数:17
2008年07月
カラスの親指
平均:7.38 / 書評数:26
2008年01月
ラットマン
平均:6.62 / 書評数:42
2007年08月
ソロモンの犬
平均:5.50 / 書評数:16
2007年02月
片眼の猿
平均:5.91 / 書評数:23
2006年09月
シャドウ
平均:6.60 / 書評数:35
2006年03月
骸の爪
平均:5.67 / 書評数:12
2005年11月
向日葵の咲かない夏
平均:4.48 / 書評数:52
2005年01月
背の眼
平均:5.00 / 書評数:8