海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ その他 ]
蜘蛛の巣のなかへ
トマス・H・クック 出版月: 2005年09月 平均: 6.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


文藝春秋
2005年09月

No.1 6点 レッドキング 2023/01/24 22:43
愛せなかった故郷を離れ、遠い地で暮らす齢四十前の孤独な教師。余命僅かな父親を看取るために一時的に帰郷した貧しい山間の故郷。誰からも愛されず誰も愛せず己自身も愛せない生涯を送った父親と、その男から愛されることのなかった母親と二人の息子。二十年を経た再会の後も互いに嫌悪憎悪しか抱くことのない老父と息子。二十年前に己に別離を告げた少女。帰郷後、偶然に疑問を抱く様になる二十年前に弟の起こした殺人事件を再調査するうちに、父親の固執と弟の事件と少女との別離が、別の絵画へと目まぐるしく変容収束し、暗く苦く辛い物語に、最後の最後に至って救いの光が差し込む。


トマス・H・クック
2015年01月
サンドリーヌ裁判
平均:7.00 / 書評数:1
2013年02月
キャサリン・カーの終わりなき旅
平均:7.00 / 書評数:1
2011年10月
ローラ・フェイとの最後の会話
平均:6.00 / 書評数:2
2010年04月
沼地の記憶
平均:5.75 / 書評数:4
2007年09月
石のささやき
平均:7.00 / 書評数:2
2006年09月
緋色の迷宮
平均:6.00 / 書評数:3
2005年09月
蜘蛛の巣のなかへ
平均:6.00 / 書評数:1
2004年11月
孤独な鳥がうたうとき
平均:5.00 / 書評数:1
2003年07月
闇に問いかける男
平均:5.25 / 書評数:4
2002年04月
神の街の殺人
平均:6.00 / 書評数:2
2001年09月
心の砕ける音
平均:6.00 / 書評数:3
2000年05月
夜の記憶
平均:6.67 / 書評数:3
1999年09月
夏草の記憶
平均:7.00 / 書評数:4
1999年03月
死の記憶
平均:6.00 / 書評数:2
1998年03月
緋色の記憶
平均:7.33 / 書評数:12
1997年11月
闇をつかむ男
平均:7.00 / 書評数:1
1994年06月
鹿の死んだ夜
平均:6.00 / 書評数:1
1993年07月
夜 訪ねてきた女
平均:7.00 / 書評数:1
1992年04月
熱い街で死んだ少女
平均:6.00 / 書評数:1
1991年01月
過去を失くした女
平均:5.50 / 書評数:2
1990年09月
だれも知らない女
平均:5.00 / 書評数:2