海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
ノッキンオン・ロックドドア2
青崎有吾 出版月: 2019年11月 平均: 7.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


徳間書店
2019年11月

No.1 7点 名探偵ジャパン 2021/01/08 21:12
当初の予定からかなり期間を空けての刊行となってしまいました。
キャラクター小説という側面がある以上、登場人物のキャラクター像や人物関係をおさらいしてから読むべきで、そうしないと面白さが半減してしまうのでしょうけれど、面倒くさくてそのまま読んじゃいました(登場人物の名前も含めて、「探偵が二人組」ということ以外、ほとんどすべての設定を忘れていました)
こういうことがあるから、キャラクター小説は読者の記憶が確かなうちに矢継ぎ早に出していかないと駄目なのです。

相変わらず手堅いミステリを量産できる器用な作家ですね。「ハズレ」のない良い短編集でした。
最後に登場人物の関係性の総決算が行われるので(少年漫画の打ち切りラストみたいな駆け足感でした)、できれば前作から続けて一気読みすることをおすすめします。


青崎有吾
2019年11月
ノッキンオン・ロックドドア2
平均:7.00 / 書評数:1
2019年01月
早朝始発の殺風景
平均:5.50 / 書評数:2
2016年10月
アンデッドガール・マーダーファルス2
平均:5.00 / 書評数:3
2016年04月
ノッキンオン・ロックドドア
平均:5.43 / 書評数:14
2016年01月
図書館の殺人
平均:7.00 / 書評数:16
2015年12月
アンデッドガール・マーダーファルス1
平均:6.29 / 書評数:7
2014年04月
風ヶ丘五十円玉祭りの謎
平均:5.60 / 書評数:10
2013年08月
水族館の殺人
平均:6.78 / 書評数:18
2012年10月
体育館の殺人
平均:6.58 / 書評数:26