海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 冒険/スリラー/スパイ小説 ]
諜報作戦/D13峰登頂
アンドリュウ・ガーヴ 出版月: 1991年10月 平均: 5.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


東京創元社
1991年10月

No.1 5点 クリスティ再読 2020/03/10 22:15
ガーヴでも1969年の作で創元推理文庫から出た唯一の作品。評者ブックオフで拾った。こんなの転がってるんだ...欲しがる人の顔が見たいような本だから、重版なら100円で転がっていても不思議はないか。
NATOの実験機がソ連のスパイにハイジャックされて、トルコ/アルメニア国境の山岳地帯に墜落した。NATOは著名な登山家ロイスに、実験機に搭載された軍事機密のカメラの破壊を依頼する。墜落地点は未踏峰のD13峰の尾根。垂直に切り立った岩壁とクレバスだらけの危険な氷河に守られた、未知の山である。ロイスはアメリカの軍人登山家ブローガン大尉と共に出発する。未踏峰の危険にさらに加えて、山上ではソ連側も同様なパーティを組織してカメラを回収しようと狙っているだろう....
とまあ早い話、山岳小説である。ミステリ色は極めて薄くて、

ここではほかのクライマーたちじゃなしに、山がわれわれの敵なのだ

という冒険小説。ややバレだけど、ソ連側の登山隊に女性がいて、著名な登山家ロイスのファンだったりして....うん、ロマンス色あり。下山後に東西冷戦を絡めて、乙女のピンチとかベタに展開するけど、とってつけたみたい。山での自然の脅威の部分は、登山用語は評者全然わからないけど、わからないなりに読ませる。
評者もガーヴだから読んだんだけど、どうでもいい部類の本。


アンドリュウ・ガーヴ
2014年07月
運河の追跡
平均:5.00 / 書評数:1
2013年09月
殺人者の湿地
平均:7.00 / 書評数:1
1991年10月
諜報作戦/D13峰登頂
平均:5.00 / 書評数:1
1965年01月
暗い燈台
1964年01月
平均:5.50 / 書評数:2
兵士の館
平均:5.00 / 書評数:1
囚人の友
平均:5.00 / 書評数:1
1963年01月
遠い砂
平均:6.50 / 書評数:4
1961年01月
地下洞
平均:6.50 / 書評数:4
レアンダの英雄
平均:7.00 / 書評数:2
1960年01月
サムスン島の謎
平均:6.00 / 書評数:3
黄金の褒賞
平均:8.00 / 書評数:2
1959年01月
新聞社殺人事件
平均:5.00 / 書評数:1
死と空と
平均:6.50 / 書評数:2
ギャラウエイ事件
平均:7.67 / 書評数:3
1958年04月
メグストン計画
平均:7.00 / 書評数:4
1957年01月
道の果て
平均:6.00 / 書評数:3
ヒルダよ眠れ
平均:5.00 / 書評数:6
1956年01月
モスコー殺人事件
平均:5.00 / 書評数:1
1954年12月
カックー線事件
平均:6.00 / 書評数:1