海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト
皆さんから寄せられた5万件以上の書評をランキング形式で表示しています。ネタバレは禁止 していません。ご注意を!

蟷螂の斧さん
平均点: 6.09点 書評数: 1641件

プロフィール高評価と近い人書評おすすめ

No.1581 6点 レモンと殺人鬼- くわがきあゆ 2023/07/12 22:46
四転五転と帯に謳われていますが、やや強引かな?。「このミス・・・」文庫グランプリ受賞作品「レモンと手」を改題のうえ、加筆修正したとありますので、そのあたりに原因がありそうです。つまり五転?あたりを大幅に変更?したため、伏線もなく非常に唐突に感じられるのです。オチとしてはいいんですヨ!。父親殺しの少年が出所した件について、警察の動き等の描写があれば、もっとオチが生きたはずです。惜しい。

No.1580 7点 アンクル・アブナーの叡智- M・D・ポースト 2023/07/10 21:31
①手の跡 7点 自殺した弟の遺書には遺産の大部分は兄へ、自分の子供へははわずかなものであった・・・弟の手には血がついていた
②死者の家 5点 保安官の家が放火された。郡税が盗まれ、保安官や保証人たちは破産した・・・保安官は父親の墓の前に
③奇跡の時代 8点 散弾銃が暴発し兄が死亡。弟が遺産を引き継ぐ・・・つぎはぎだらけの葬儀用の手袋
④第十戒 6点 森の中で木の洞から銃を発見した。アブナーはそのまま放置した。そして銃声が・・・法と正義
⑤金貨 5点 牛飼いの老人が殺された。老人は家のどこかに金貨を隠しているはず・・・「牛の中をさがしてみな」
⑥禿鷹の目 6点 禿鷹と呼ばれた男と純な娘が結婚することになった。アブナーは待ったをかける・・・男は荒くれ牛を殺したという
⑦血の犠牲 6点 男は銃で撃たれ死んでいた。妻は「あの人は狂っていた」と言い、老人は自分が男を殺したという・・・奴隷解放問題
⑧ドゥームドーフ殺人事件 7点 世界推理短編傑作集2(新版)で書評済 
⑨神の使者「天の使い」5点 以下「アブナー伯父の事件簿」で書評済
⑩神のみわざ「不可抗力」 7点
⑪宝さがし「海賊の宝物」 8点
⑫黄昏の怪事件「私刑」 6点
⑬黄金の十字架「悪魔の道具」 7点
⑭魔女と使い魔「地の掟」 5点
⑮藁人形 9点
⑯神の摂理「偶然の恩恵」 5点
⑰養女 7点
⑱ナボテの葡萄園 8点

No.1579 7点 密室狂乱時代の殺人 絶海の孤島と七つのトリック - 鴨崎暖炉 2023/07/08 15:19
印刷ミスと思っていたら〇〇だった。あまり本筋とは関係ないけど。物理的密室のオンパレードで飽きなかった。ああだこうだと推理しないところに盛大な拍手を送りたい。密室の解答も分り易いし図も挿入され好感が持てた。一か所、二通りの回答(大嫌いな多重解決)があったが、それは犯人ではないことを証明するためだから良しとしよう(笑)

No.1578 6点 密室殺人傑作選- アンソロジー(海外編集者) 2023/07/05 15:31
①ある密室(ジョン・ディクスン・カー) 5点 「妖魔の森の家」所収。密室の事務所で頭を殴られた社長。隣室にいた二人の秘書が扉を破って部屋に入ったところ金庫が荒らされていた・・・専門知識が必要(足音を聞いたはアンフェア)
②クリスマスと人形(エラリー・クイーン) 7点 怪盗コーマスは、時価10万ドルの宝石が埋め込まれた人形を盗み出すと、有名弁護士に告げた・・・エラリー親子が監視するも、まんまと(それしかないのだが、騙された)
③世に不可能事なし(クレイトン・ロースン) 6点 UFO研究家が密室の中で銃殺された。同室の男は頭を殴打され倒れていた。拳銃は部屋になかった・・・弾は32口径から発射されたもの(やゝ専門的)
④うぶな心が張り裂ける(クレイグ・ライス) 6点 再審が決定した死刑囚が首吊り自殺した・・・紐がどう持ち込まれたかは不問で、ホワイのみ(題名は刑務所で歌われる戯れ歌)
⑤犬のお告げ(G・K・チェスタント) 5点 大佐が東屋で刺殺された。東屋は衆人の目で監視されていた。刺殺された時、犬が吠えた・・・凶器が見つからない(世評は高いが密室としては粗が目立つ。世評は別の所の評価?)
⑥囚人が友を求める時(モリス・ハーシュマン) 7点 新参の囚人は詩の愛好家で朗読会にどうしても行きたい。彼は脱走し朗読会を聴き、翌朝独房に戻って来た・・・それを知った他の囚人は詩を読むようになり(ユーモア小説)
⑦ドゥームドーフの謎(M・D・ポースト) 7点 「ズームドルフ事件」世界推理短編傑作集2(新版)書評済 古典の名作
⑧ジョン・ディクスン・カーを読んだ男(ウィリアム・ブルテン) 8点 カーの作品を読破。独創的な密室トリックで叔父を殺害したが・・・アリバイの証人が現れて(ユーモア作品)
⑨長い墜落(エドワード・D・ホック) 5点 「サム・ホーソーンの事件簿Ⅰ」で書評済
⑩時の網(ミリアム・アレン・ディフォード) 5点 病室は内側から目張りがされていた。押し開けると悪魔と契約したという患者はいなかった・・・患者は悪魔との契約をある理由により反故にしようとする
⑪執行猶予(ローレンス・G・ブロックマン) 7点 戯曲家が密室でガス中毒死。ガス栓は閉じていた・・・離婚した妻、その娘の関係(題名と裏の動機が良い)
⑫たばこの煙が充満する部屋(アンソニイ・バウチャー) 5点 政治家がホテルの部屋で首を切られて死亡。凶器は見つからなかった。第一発見者の女性が疑われ・・・数分前に部屋を訪ねたトレンチコートの男(密談)
⑬海児魂(ジョセフ・カミングス) 7点 嵐の中、ヨットが座礁し沈没。所有者は潜水して調査するも海中で刺殺された。さらにヨットの中から彼の妻の他殺体が発見された・・・毛染めの盗難(髪が白く)
⑭北イタリア物語(トマス・フラナガン) 5点 別題「玉を懐いて罪あり」(「アデスタを吹く冷たい風」所収)で書評済(設定に疑問符)

No.1577 5点 富豪刑事- 筒井康隆 2023/06/28 07:57
①富豪刑事の囮 6点 五億円強奪事件の時効が残り三か月と迫った。容疑者は四人。盛大なパーティを開き四人を招待する・・・楽団はポール・モーリア、余興は引田天功のマジックと木下サーカス、外国の女優も呼ぶ等ハチャメチャぶり。秘書の鈴江さんが魅力的(映画「K20 怪人二十面相・伝」の令嬢役松たか子さんにそっくり!?)犯人は見え見えです(笑)
②密室の富豪刑事 7点 密室での焼死。部屋には燃えるようなものは一切なかった。せいぜいタバコの不始末が考えられるが・・・物理的密室では初物。折原一氏「七つの棺」所収の「懐かしい密室」が本作のパロディです。そこでは著者の筒井先生を絶筆させています。いいのかな?(笑)
③富豪刑事のスティング 4点 町工場の社長の息子が誘拐された。警察に届けず犯人に身代金をを渡してしまう。しかし、子供は帰ってこない・・・まあ、よくありがちな。富豪刑事らしさも不発
④ホテルの富豪刑事 4点 ヤクザの集団をひとつのホテルに宿泊させることに成功するが、一組だけ外人がスイートルームに宿泊することに・・・③④で鈴江さんの活躍がなく、面白味が半減してしまった。残念

No.1576 6点 グッドナイト- 折原一 2023/06/25 18:31
①永遠におやすみ 5点 不眠症の子供を持つ作家の母親。怖い童話を読んでやると眠るようになった。やがて飽きてしまい、母親は創作で強盗殺人の話を・・・創作と現実
②ドクロの枕 4点 有名作家・梅野優作の本が枕の中に入っている。それでよく眠ることができるという。未開封だとオークションで高く売れるというが・・・チャカポコ チャカポコ
③デストラップ 8点 暴力男から逃げて、格安の201号室に入居。201号室は殺人のあった事故物件。やがて夫がやって来た・・・犯人は現場に戻る
④泣きやまない夜 6点 女の子の夜泣きが治らない。夫から暴力を受けた後遺症である。夫は妻子を探し出して訪ねてきた・・・隣室の女
⑤見ざるの部屋 7点 作家梅野優作が部屋から出たところ声をかけられ階段から落ちてしまう。気が付くと彼のファンという女の部屋に監禁されていた・・・ミザリーの部屋?(笑)
⑥自由研究には向かない小説 6点 梅野優作の新作「グッドナイト」を担当することになった母親。このアパートに梅野優作が住んでいるという都市伝説がある。子供は探偵気取りで各部屋を訪ねその様子を記録していった・・・束見本
⑦ラストメッセージ 6点 梅野優作は寝たきりで声も出ないが、最後の小説のラストを書きたい・・・「グッドナイト」

No.1575 6点 午後の脅迫者- 西村京太郎 2023/06/14 11:17
①午後の脅迫者 6点 夫の浮気調査を依頼された調査員は、その夫を強請り大金をせしめようとするが・・・探偵社には君みたいに優秀な人間が他にもいるのかね
②密告 8点 ホテルで逢引していた夫が刺殺された。妻が一人で寝ていた夫を刺したと自白。しかし、その前に夫は毒殺されていた・・・夫の愛人のマンションには生活感がなかった
③二一・〇〇時に殺せ 7点 重要証人が21:00に公園に呼び出された。それを察知した刑事が射殺された・・・悪徳弁護士の電話を聞いて
④美談崩れ 6点 「華やかな殺意」で書評済
⑤柴田巡査の奇妙なアルバイト 6点 公園の浮浪者が冬の間、刑務所に入れてくれと頼まれる・・・一生刑務所にという浮浪者
⑥私は職業婦人 4点 隣家の夫人が死体を庭に埋めていると投書があった。庭から3人の死体が出てきた・・・動機は黙秘。裁判では自分が弁護士に
⑦オーストラリアの蝉 6点 若い女性がマンションで殺害された。冬なのに蝉がベッドの下にいた・・・犯人の名が書いてある手帳が破られていた
⑧成功報酬百万円 5点 尾行するだけで成功報酬百万円。探偵員は喜んで引き受けるが・・・尾行していた美人秘書が殺された
⑨マルチ商法 6点 殺人をしてもアリバイを作ってくれるという・・・会員にならないか

No.1574 5点 イプクレス・ファイル- レン・デイトン 2023/06/11 18:35
英国ベスト100(1990)の9位。「007」へのアンチテーゼとして執筆されたスパイ小説との紹介文もありますが、著者自身は「007」を読んでいないそうで、後付けの世評のようです。原文はひねった文章らしく、その翻訳文は非常に読みづらかったですね。筋は山あり谷ありというほどのことはなかった。
(参考)英国ベスト100(英国推理作家協会)のトップ10を読み終えて
1位 「時の娘」ジョセフィン・テイ 6点
2位 「大いなる眠り」レイモンド・チャンドラー 5点 
3位 「寒い国から帰ってきたスパイ」ジョン・ル・カレ 8点 
4位 「学寮祭の夜」ドロシー・L・セイヤーズ 6点 
5位 「アクロイド殺し」アガサ・クリスティ 10点 
6位 「レベッカ」ダフニ・デュ・モーリエ 9点 
7位 「さらば愛しき女よ」レイモンド・チャンドラー 6点 
8位 「月長石」ウィルキー・コリンズ 7点 
9位 「イプクレス・ファイル」レン・デイトン 5点 
10位 「マルタの鷹」ダシール・ハメット 7点

No.1573 9点 ヨモツイクサ- 知念実希人 2023/06/07 13:38
戦慄のバイオ・ホラー作品ということで評判倒れ?と危惧したが、それは杞憂に終わった。知念実希人氏はホラー作家ではなく、あくまでもミステリー作家なのだ(笑)。(注)完全ネタバレサイトがもう出現しています。

No.1572 8点 GOTH リストカット事件- 乙一 2023/06/03 12:33
壊れた世界のファンタジーといえばいいのか?
①暗黒系 7点 拾った手帳には猟奇的な連続殺人犯のものと思われる記述があった。その現場を訪ねる僕と森野夜・・・壊れた犯人、壊れた探偵役(こんなグロな描写があるとは・・・)
②リストカット事件 8点 手首だけが切り取られる事件が連続していた。「僕」は化学準備室で手のない人形が捨てられていたのを発見・・・森野夜の美しい傷痕(裏に隠れていた動機が怖い)
③犬 8点 「ユカ」は母が連れてきた男に小突枯れている。飼い犬は「ユカ」が誘拐してきた犬と戦い首に噛みつき殺すようになった・・・最終目的(探偵役の行動はやはり?)
④記憶 8点 同級生の森野夜は双子であった。妹の「夕」は6歳の時、首吊りの真似をして事故死したという・・・「夕」の靴(ロジックからのどんでん返し)
⑤土 8点 森野夜が生きたまま棺に入れられ庭に埋められた。空気穴があり犯人と会話。恋人が必ず助けに来ると言うが・・・土の中からの声(思考が追いつかない)
⑥声 8点 女性の惨殺死体。僕は被害者の妹に最期の姉の声を録音したテープを聞かせるとおびき寄せた。とうとう「僕」の正体が・・・歯フェチ(○○が分かりにくいのが難点)

No.1571 7点 キッド・ピストルズの冒涜- 山口雅也 2023/06/02 06:31
①「むしゃむしゃ、ごくごく」殺人事件 6点 50年間、一歩も家から出ずに、また人を入れない元女優が毒殺された。容疑者は出入りが許されている2人と元女優と仲たがいしている従妹の3人・・・おみくじクッキー(いつまでも乙女チックなんだなあ)
②カバは忘れない 6点 動物園の園長が部屋で殺され、愛玩のカバも殺されていた。Hのダイイングメッセージが残っていた・・・アフリカの呪術師(D・Mものでは初物)
③曲がった犯罪 9点 実業家が芸術家のアトリエで石膏で固められた死体となって発見された。凶器のオブジェからは曲がった硬貨が失われていた・・・ユニークな芸術論(短篇ではもったいない程の展開)
④パンキー・レゲエ殺人 7点 バンドのリーダーが殺され、その後もう一人も殺された。密室であり、見立て殺人(童謡の歌詞通りの順番)であった・・・麻薬、利腕(女刑事ピンクの弾くギターコードには笑えた)

No.1570 7点 麗しき疑惑―西村京太郎自選集〈2〉 - 西村京太郎 2023/05/28 10:47
①白い殉教者 8点 雪の降ったH公園で女優に似た蝋人形の刺殺体が発見された。蝋人形の位置から7m離れたところに車の轍があった。雪密室の予行練習か・・・石庭(7m離れた場所から足跡を付けずに、どのような方法で蝋人形を置いたのか?なるほどね)
②アンドロメダから来た男 7点 隣家に男が引っ越してきた。男は一番大事なものは何かと問う。すると翌日、その物が消えてしまう。男の商売は物を転送することだという・・・長持ちにあるものを入れて(オチは予想できるも面白い)
③首相暗殺計画 6点 昭和13年、特急「富士」に乗車した近衛首相を暗殺すべく刺客が送り込まれた・・・陸橋での急停車(皮肉な計画くずれ)
④新婚旅行殺人事件 7点 ハネムーンに出かけた新郎の刑事と新婦。車中で時限爆弾が爆発し新婦が死亡。容疑者は青森にいて完璧なアリバイがあった・・・「はつかり」「やまびこ」(十津川警部初登場。作者は時刻表とにらめっこしたんだろうな)

No.1569 6点 青い密室 名探偵星影龍三全集(2)- 鮎川哲也 2023/05/25 21:35
①白い密室 6点 「THE密室」山前譲編で書評済(推理がやや唐突)
②薔薇荘殺人事件 7点 「五つの時計」で書評済(推理がやや強引)
③悪魔はここに 6点 「五つの時計」で書評済(D・Mは納得)
④青い密室 6点 2階のアパートで殺人。入口のドアは施錠され、部屋の窓は開いていた。窓の下の花壇に足跡はない・・・ポケットに鍵(意外な犯人と言えるかも)
⑤砂とくらげ 7点 浜辺に女性服飾研究家と元モデルの死体。浜辺は海と崖で密室といえる。元モデルが浜辺に行くのが目撃されている・・・冷えた缶ジュース(「白昼の悪魔」に似ているなあ)
⑥茜荘事件 5点 容疑者は男3人女1人。被害者は部屋で殺害され、その後、森に運ばれたようだ・・・大柄な男(これは分りやすい)
⑦悪魔の灰 5点 教授の祖父と父の胸像に灰がかけられた。そして顔に灰をかけられた教授の死体が発見された・・・余命3ヶ月(物理的にかなり無理筋では?)
⑧朱の絶筆 7点 作家が原稿の校正の途中で殺害された。アリバイのない者は・・・ドライブを断った理由(同名の長篇の採点は5点。この理由が長編ではまったく無駄だったが短篇ではラストで生きていた)

No.1568 7点 正月十一日、鏡殺し- 歌野晶午 2023/05/22 05:54
①盗聴 6点 「カチカチドリを秋葉原で飛ばせ」という意味不明な会話を傍受・・・童話(盗聴を兄に知られ笑える)
②逃亡者大河内清秀 7点 女の子に声をかけられ好きになってしまう。友人は詐欺というが・・・逃亡者の手記(コミカルで楽しめる)
③猫部屋の亡者 7点 猫好きな彼女を殺してしまった。翌日から彼女の声が聞こえ始めた・・・悪霊妖気退散(気がおかしくなっていく様子がうまい)
④記憶の囚人 5点 主婦が錆びた玄関の鍵を握って殺されていた・・・アルコール依存症(読者を混乱させる幻想的な詩は微妙)
⑤美神崩壊 8点 マンションを訪ねると彼女の顔は傷だらけであった。病院へも警察へも行きたくないという。レイプ?・・・美貌(「最後の一行」物が好きなもんで)
⑥プラットホームのカオス 7点 問題児の中学生が担任教師と同級生の目の前で電車に撥ねられた・・・告発された同級生(遠くから見るとそうなるか)
⑦正月十一日、鏡殺し 8点 夫を事故で亡くしてからは、義母が疎ましくなってきた・・・鏡餅(やるせなく、救いのない物語)

No.1567 6点 華やかな殺意―西村京太郎自選集〈1〉- 西村京太郎 2023/05/20 11:20
①病める心 5点 少年(7歳)が自殺。違和感を覚えた記者はその母親を訪ねる・・・事実という幻想
②歪んだ朝 5点 戦後間もない山谷。少女の絞殺死体が発見された。少女は口紅をぬっていた・・・ドヤ街からの夢
③美談崩れ 6点 小学生が交通事故死。それを助けようとした婦人も怪我をして入院・・・過去の交通事故
④優しい脅迫者 8点 日本傑作推理12選(Ⅰ)エラリー・クイーン編所収 見知らぬ男が床屋に現れた。主人が交通事故を起こしたことを種に強請り始めた・・・保険金
⑤南神威島 7点 マイ・ベスト・ミステリーⅣ 日本推理作家協会編で書評済 無医島に青年医師が着任。5人が伝染病に。しかし血清は4人分しかない・・・神のお告げ

No.1566 6点 ブラウン神父の知恵- G・K・チェスタトン 2023/05/18 18:55
①グラス氏の失踪 6点 部屋でジェームスがミスター・グラスという男に殺されたらしいとの通報が・・・手品師
②泥棒天国 6点 銀行家ハロゲイト氏とその息子、娘がアペニン山脈の山越えに出発。神父も同行。途中で山賊に襲われる・・・毒の瓶
③ヒルシュ博士の決闘 4点 ヒルシュ博士はスパイとの告発を受け、相手に決闘を申し込む・・・逃亡
④通路の人影 7点 女優が楽屋の通路で殺された。3人の目撃者による犯人像は三者三様であった・・・鏡
⑤機械のあやまち 6点 脱走者らしき男を捕まえ、うそ発見器にかけると行方不明者(卿)の名前に反応した・・・令嬢の失踪
⑥シーザーの頭 4点 妹は、兄のコレクションから恋人に似たシーザーの貨幣を盗んで恋人にプレゼント・・・鼻の曲がった脅迫者
⑦紫の鬘 6点 公爵の祖先は魔術によって耳が巨大化させらたという伝説があった。公爵は耳をかつらで隠し人前では決してかつらを脱がなかった・・・領地
⑧ペンドラゴン一族の滅亡 5点 一族の者は海難事故に遭うものが多かった。それは復讐の呪いといわれていた。今夜一人が帰ってくるのだが・・・火災
⑨銅鑼の神 5点 黒人とイタリア人のボクシングの試合。神父は中止を要請したが・・・ヴードゥー教
⑩クレイ大佐のサラダ 4点 猿神の尾を見てしまった大佐は「お前は幾度も死に遭うのだ」と言われる・・・恋がたき
⑪ジョン・ブルノワの珍犯罪 6点 「ロミオとジュリエット」の野外劇。ロミオ役の卿は嫉妬にかられたジュリエット役の夫に刺されたと言う・・・執事の証言
⑫ブラウン神父のお伽噺 7点 オットー公は銃殺されていた。発見者は町の娘。町は武装解除され誰も銃を持っていない・・・合言葉による射殺命令

No.1565 6点 福家警部補の挨拶- 大倉崇裕 2023/05/13 12:31
前半に提示される現場の矛盾点とは別にラストで犯人の致命的なミスや証拠を指摘するところがいい。
①最後の一冊 6点 オーナーが図書館を売却しようとしていた。それを防ぐため女性館長は・・・本棚の事故
②オッカムの剃刀 6点 元警察官の大学講師はある秘密を握られていた。連続強盗事件に見せかけ・・・未解決の白骨死体
③愛情のシナリオ 5点 女優のマリ子はライバルである恵美を一酸化炭素中毒による事故死に見せかけて・・・携帯電話
④月の雫 6点 佐藤酒造は谷元酒造を乗っ取りを計画。それを阻止するため谷元社長は、真夜中、酒蔵に佐藤社長をおびき出し・・・夜勤社員の飲酒

No.1564 6点 なめらかな世界と、その敵- 伴名練 2023/05/08 21:58
①なめらかな世界と、その敵 6点 お父さんは食事を終えて雑誌を読んでいる。今日はお父さんの命日だから早めに帰って来てね・・・乗覚障害
②ゼロ年代の臨界点 4点 日本国内のSF史は1900年代の女学生が発表した作品から・・・月面着陸
③美亜羽へ贈る拳銃 8点 花嫁と花婿はお互いに銃を相手の額に突きつけた。それは永遠に愛することが可能となる脳へのインプラント処理であった・・・俺を愛する美亜羽
④ホーリーアイアンメイデン 4点 この手紙を読むころには私は死んでいるという妹から姉への手紙 特殊能力
⑤シンギュラリティ・ソヴィエト 8点 アームストロング船長が月面到着。そこに見たものはスターリンの銅像であった・・・誕生日の蝋燭(ラストはSFというよりバカミス的で面白かった)
⑥ひかりより速く、ゆるやかに 7点 新幹線が動かず、中にいる乗客も動作の途中で静止していた。しかし、よく観察すると少し動いている・・・到着は2700年後(青春物語)

No.1563 7点 ガストン・ルルーの恐怖夜話- ガストン・ルルー 2023/05/05 22:01
①金の斧 9点 フランス・ミステリ傑作選(2)所収 殺人のあった夜、夫は斧と洋服を洗っていた・・・プレゼントの金の斧
②胸像たちの晩餐 10点 ディナーで殺人を(上)で書評済
③ビロード首飾りの女 8点 ギロチンで首を落とされたが生きており、首飾りを外すと首が落ちるという美女・・・伝説と現実
④ヴァンサン=ヴァンサンぼうやのクリスマス 6点 坊やの両親が強盗に殺された。でも下手人はいない・・・プレゼント用の靴はカラ
⑤ノトランプ 6点 美女オランプには十二人の求婚者がいた。一番目から三番目の夫は結婚後間もなく死亡。三番目の夫が真相を書いた手紙を四番目の候補に残した・・・老女中
⑥恐怖の館 7点 新婚旅行の夫婦が泊まった宿は、以前、殺人鬼の夫婦が経営していたという曰く付きの宿であった・・・もう一組の客
⑦火の文字 5点 昔、悪魔との契約をした家主は絶対に賭け事に負けないという。それを信じない若者たちと賭けをするが・・・消えた金
⑧蝋人形館 5点 肝試しの賭けで蝋人形館で一夜を過ごすことになった。やがて蝋人形が動くのを目撃し・・・拳銃の発砲

No.1562 7点 ディナーで殺人を(上)- アンソロジー(海外編集者) 2023/05/02 06:36
①特別料理 スタンリイ・エリン 8点 隠れ家レストランでの特別料理(アミルスタン仔羊)は絶品である。給仕は厨房には入るなというが・・・シェフの許可
②賄賂と堕落 ルース・レンデル 6点 若者は高級レストランで、父親を解雇した社長が若い娘と食事しているのを発見。その時間に社長夫人が殺害されたと知る・・・口封じ
③最高傑作 ポール・ギャリコ 10点 二つ星レストランであるが金欠店主の前に多額の謝礼金が出るという手配書の男が現れた。電話は通じず、車も故障。時間稼ぎをしなければ・・・美食家に悪人はいない
④デュクロ風特別料理 オリヴァー・ラ・ファージ 7点 シェフはホワイトソースのレシピを盗もうとした客を刺殺してしまった・・・弁護士も美食家で
⑤ディナーは三人、それとも四人で L・P・.ハートリー 5点 イタリアの伯爵にディナーに招待されたイギリス人の二人。ゴンドラでレストランに向かう途中、溺死体に遭遇・・・死体を招待
⑥胸像たちの晩餐 ガストン・ルルー 10点 船長が片腕を失った話。隣家の美しい夫人は主人に話しかけているが主人の姿は見えない。ある夜パーティが開かれた。だが客の姿は見えない・・・難破船 幽霊話と思わせ
⑦おい、しゃべらない気か! デイモン・ラニアン 5点 富豪が顔見知りと思われる者に自宅で撲殺された。オウムが犯人の名を言うかも・・・オウムの盗難
⑧しっぺがえし パトリシア・ハイスミス 7点 俳優に一目惚れしたオリヴィアは夫を階段から突き落し事故死にみせかけた。その後、俳優と結ばれたが・・・大型冷蔵庫
⑨いともありふれた殺人 P.D.ジェイムズ 8点 男は会社の向かいのアパートで少年と人妻が密会しているのを発見。その後覗き見をするようになった。ある日、人妻が殺され少年が逮捕された。男は少年が部屋に入らなかったことを目撃していた。裁判が始まり男は証人として名乗り出るかどうか悩むが・・・16年後のアパート
⑩イーモラの晩餐 オーガスト・ダーレス 5点 謀反を企てていると噂される公爵を招き、ある秘策を・・・蝋燭
⑪修道院の晩餐 ロバート・ブロック 8点 嵐に遭い森の中の修道院に一夜の宿を求めると、驚くほど飽食な晩餐会に招待された。修道院長は悪魔の修道院の伝説を話し始めた・・・最後の料理
⑫三つの読唱ミサ アルフォンス・ドーデー 6点 神父はクリスマスの晩にごちそうを早く食べたいためミサを端折ってしまう・・・悪魔のささやき
⑬葬儀屋 アレクサンドル・プーシキン 5点 招待されたパーティで葬儀屋という職業を揶揄されたことに立腹。「新居にあいつらを呼ぶくらいなら死人を呼んだ方がマシだ」・・・骸骨
⑭首吊り島から来た客 ワシントン・アーヴィング 4点 海賊が絞首刑となった。その骸骨を見た首領は怖いのかと揶揄され、家にでも招待するよと答えた・・・謎の黒人
⑮主婦の鑑 リチャード・ディーハン 6点 新妻は夫の母親の幽霊に手厳しく躾けられる。夫の父親の死の原因になったパイを作ることになった・・・賭け
⑯ルークラフト氏の事件 W ・ベサント・J・ライス 5点 食欲旺盛な若者は貧乏なため、老紳士に「食欲」を売ってしまった・・・泥酔

キーワードから探す
蟷螂の斧さん
ひとこと
ミステリーは、作家中心では読んでおらず、話題作や、ネットでのお勧め作品を読んでいます。(2013.6追加~本サイトを非常に参考とさせてもらっています。現在は、読後、類似なトリック・モチーフの作品を探した...
好きな作家
ミステリー以外で「石川達三」、短編で「阿刀田高」、思想家で「荘子」
採点傾向
平均点: 6.09点   採点数: 1641件
採点の多い作家(TOP10)
アガサ・クリスティー(53)
折原一(48)
中山七里(34)
松本清張(27)
アンソロジー(国内編集者)(22)
島田荘司(20)
歌野晶午(20)
東野圭吾(20)
西村京太郎(20)
綾辻行人(18)