海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト
皆さんから寄せられた5万件以上の書評をランキング形式で表示しています。ネタバレは禁止 していません。ご注意を!

[ ホラー ]
出版禁止
長江俊和 出版月: 2014年08月 平均: 6.20点 書評数: 10件

書評を見る | 採点するジャンル投票


新潮社
2014年08月

新潮社
2017年03月

No.10 6点 まさむね 2022/09/25 21:15
 グイグイ読まされました。一方で、何かスッキリしない印象もあったかな。根本となる設定の一部に釈然としない所があるのですよねえ。敢えて多くは書かないですけど、私だけなのかなあ?それとも私の読み方が足りなかっただけなのかな。

No.9 7点 2022/09/15 20:41
ルポルタージュの中で物語が進行していきます。読みやすく一気に読み終わりました。
各所にちりばめられた伏線は概ね作者が解説していくのですが、解説が終わった最後にも伏線があることに自分では気づけませんでした。

No.8 6点 よん 2021/11/29 14:52
安全地帯にいたはずが、いつの間にか当事者となり命の危険にさらされる。
五感に訴えかける描写が恐怖を煽る短編集。

No.7 5点 虫暮部 2021/05/04 12:05
 こういう入り組んだ構成も今となっては一つのスタイルとして確立されちゃっているので、先行例を踏まえた上での工夫が求められると思うのだ。前半のルポ部分は素直に楽しめたが、風呂敷を最後まで畳み切らないまま放り出してしまったような結末だ。
 取材の依頼者って誰。私が見落とした?

No.6 6点 zuso 2020/05/12 19:18
想像すると吐き気を催すような描写があるにはある、そういう怖さです。ホラーとしての怖さとは少し違う感じがする。最後は気持ち悪く裏切られました。

No.5 4点 E-BANKER 2019/04/27 12:49
作者は元々映像作家。深夜番組「放送禁止」シリーズは熱狂的なファンを生み出した・・・とのこと。
残念ながら、そこら辺はまったくといっていいほど疎いのだが・・・
2014年発表。

~著者・長江俊和が手にしたのは、いわくつきの原稿だった。題名は「カミュの刺客」、執筆者はライターの若橋呉成。内容は有名なドキュメンタリー作家と心中し、生き残った新藤七緒への独占インタビューだった。死の匂いが立ち込める山荘、心中のすべてを記録したビデオ。不倫の果ての悲劇なのか。なぜ女だけが生還したのか。息を呑む展開、恐るべきどんでん返し。異形の傑作ミステリー~

想像していたものではなかった。或いは「好み」ではなかった。
ひとことで終わるなら、“以上!”ということになる。
他の方の評価が割と高いのでびっくりしたが、個人的にはその面白さが分からなかった。
ジワジワくるんですかねぇ・・・?

本作は「カミュの刺客」という作品の入れ子構造というか、いわゆる作中作になっている。
これだけで、もう何らかの「仕掛け」があるのだろうと身構えてしまうが、最終段階になって明かされる真実にそれほどの衝撃はない。
そうか。そういう意味ではジワジワくるのかもしれない。
一読しただけでは分からない、背中がザワザワする感覚。
それが楽しめるのなら手に取る価値があったということかも。

まぁ確かに、山荘での若橋の行動を想像すると、薄ら寒い感覚にはなる。
なにしろ「出版禁止」になったのだから・・・
ただ、高い評価にはならないかな。あくまで「好み」の問題です。
(「ホラー」という感じでもないけど・・・)

No.4 7点 ボンボン 2017/07/30 13:02
あぁ、気分が悪い。本当に不快。ホラーっぽいところではなく、精神的な粘っこさにやられた。
しかし、確かにうまい。重要な情報が作品全編にちりばめられていて、興味が逸れることなく一気読みできる。
本編である問題のルポルタージュと、その出版に向けた事後調査という外枠。「序」の段階から提示されるこの外枠自体も本書の著者自身によるルポになっており、あくまでも、ノンフィクションの体裁を貫く構成が新鮮で面白い。
また、「カミュの刺客」「視覚の死角」「児戯のごとき仕掛け」など、キーワードの置き方が絶妙。観念的な話にみせかけて、意外にがっつりミステリだった。
到底好きな作品とは言えないが、評価しない訳にはいかないハイレベルな出来。

No.3 7点 haruka 2017/07/02 16:48
これは怖い。伏線の張り方も上手く、登場人物の狂気と合わさってラストでガツンと食らった感じ。

No.2 7点 パンやん 2016/04/04 10:30
面白い、一気読み!心中したドキュメンタリー作家の真相を追うルポライターの顛末を描いたものであるが、フィクションと思えぬほどのリアルで繊細な描写が素晴らしく、このライター同様、小生自身の恋愛をも思い出すほどであった。唯々、堕ちていく男の性が哀しい。

No.1 7点 メルカトル 2014/12/24 22:25
以前から気になっていた一冊。行きつけの二軒の書店双方に平積みされているのを横目で見ながら、なかなか踏ん切りがつかなかったが、ついに購読に至った。なんと言っても、そのいかがわしそうなタイトルに惹かれての読了だったが、面白かった。
読者を選ぶのかもしれないが、読んでいてとても引きつけられるものを感じた、その吸引力は本物と言ってもよいだろう。
ストーリーの本筋はいたってシンプルで、ルポライターの私こと若橋呉成(仮名)がある有名人男性とその不倫相手の心中事件に疑問を抱き、死にきれなかった不倫相手に取材を行っていく。それを原稿化しまとめ上げたものがルポルタージュとして丸ごと作品に取り込まれている。そのルポが本作の大部分を占めているのである。言わば作中作の形式を取っているわけだ。
前半はすんなり読める代わりに、それほどの盛り上がりはない。終盤に至って本編の真骨頂とも呼べるような、いかがわしく不気味な本性を現す。これ以上はこれから読もうとする方のために控えるが、読者によっては怖いとか気持ち悪いとかの感想を抱くことだろう。その辺りが許容できる人にとっては、至福のひと時を過ごせるのではないかと思う。
後味はよくないが、問題作なのは間違いないだろう。年間ベスト10入りしてもおかしくないような充実した内容の傑作だと、個人的には感じる。


キーワードから探す
長江俊和
2023年10月
掲載禁止 撮影現場
2021年08月
出版禁止 いやしの村滞在記
平均:7.00 / 書評数:2
2019年05月
東京二十三区女 あの女は誰?
平均:6.00 / 書評数:1
2018年08月
出版禁止 死刑囚の歌
平均:8.00 / 書評数:3
2016年09月
東京二十三区女
平均:6.00 / 書評数:1
2015年07月
掲載禁止
平均:7.00 / 書評数:3
2014年08月
出版禁止
平均:6.20 / 書評数:10
2009年07月
放送禁止
平均:5.00 / 書評数:1
2002年11月
禁忌装置