海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ ホラー ]
スキュラ&カリュブディス 死の口吻
相沢沙呼 出版月: 2014年09月 平均: 5.00点 書評数: 3件

書評を見る | 採点するジャンル投票


新潮社
2014年09月

No.3 4点 ボナンザ 2021/09/12 20:39
一冊でまとめるのにやや無理があったか。消化不良な感じが否めない。

No.2 5点 虫暮部 2020/08/20 17:45
 設計段階ではそこそこ良かったのに、安い材料で組み立てちゃった? 読み易さを優先していると考えればこれはこれでアリか。
 私は予備知識無しで純ミステリのつもりで読み始めたので、中盤の逸脱して行く感じは良かった。私はねむりの部屋なら住める。

No.1 6点 アイス・コーヒー 2014/10/28 20:25
初夏。街では連続変死事件が起きていた。まるで狼に食いちぎられたような遺体。裏で出回る謎の薬「プーキー」。金髪の美少女・此花ねむりと家庭に問題を抱える鈴原楓は偶然に出会った…。

新潮文庫nexの一冊だが、百合要素をかなり織り交ぜつつグロ描写を中心とした伝奇ホラー。従って苦手な方は色々と注意したほうがいいかと。内容は想像以上に観念的で中々難解だった。
デビュー作のような日常の謎でも本格ミステリでもない。さも当たり前のように明らかに人間じゃない人物たちが登場するのでまともな解決を期待しないで読むのが吉だろう。
メインテーマは死と対面する少女たちの葛藤とか、生きる価値はあるのだろうか、とかそういったことだろうか。しかし、なんだかんだ言ったあげく結末がベタすぎやしないか…。
表紙からして此花ねむりが神秘的で「Another」の鳴みたいなキャラとして描かれるのか…と思いきや読み進めるともっと異常なキャラも登場して、一方心理描写も丁寧にされるねむりは楓とともに事件の被害者側に立たされているようなので少し驚いた。結局ただの被害者ではないけれど…。
文章はさすがに芸術的で、心理描写も巧妙。読みやすいので純粋にホラーとして読むのが一番いいかもしれない。


相沢沙呼
2021年07月
invert 城塚翡翠倒叙集
平均:7.20 / 書評数:5
2020年12月
教室に並んだ背表紙
平均:7.00 / 書評数:1
2019年09月
medium 霊媒探偵城塚翡翠
平均:7.94 / 書評数:18
2017年08月
マツリカ・マトリョシカ
平均:7.23 / 書評数:13
2014年09月
スキュラ&カリュブディス 死の口吻
平均:5.00 / 書評数:3
2014年03月
雨の降る日は学校に行かない
平均:6.00 / 書評数:2
2013年11月
卯月の雪のレター・レター
平均:4.50 / 書評数:4
2013年08月
マツリカ・マハリタ
平均:5.29 / 書評数:7
2012年04月
ココロ・ファインダ
平均:5.00 / 書評数:1
2012年03月
マツリカ・マジョルカ
平均:5.15 / 書評数:13
2011年11月
ロートケプシェン、こっちにおいで
平均:5.00 / 書評数:4
2009年10月
午前零時のサンドリヨン
平均:5.75 / 書評数:8