海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
殺人者にダイアルを
大学生探偵団
梶龍雄 出版月: 1980年09月 平均: 4.50点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1980年09月

徳間書店
1987年12月

No.2 5点 2021/05/11 10:54
 夏も盛りに近づいた七月二十三日、旧軽井沢の由緒ある旅館で将来を嘱望された福富銀行新宿副支店長・間宮信夫が急逝した。死因は青酸カリによる服毒死。銀行協会会長の息子という血筋に恵まれ、優秀な学歴をも併せ持つ三十三歳のエリート銀行屋(バンクマン)がなぜ突然自殺したのだろうか?
 その三日後の七月二十六日、新宿区北新宿一丁目の木造アパート "柏木荘" 十六号室で歌舞伎町のバー "レモン" のホステス、上草千秋が自殺した。彼女もまた信夫同様、レモン味の清涼飲料で青酸カリを飲み下し死んでいた。
 千秋の自殺を信じない鶴瀬学園DS(推理小説)クラブの一人・お京こと藤川京子は、会長の高村翻常や幼馴染の芝端敬一、さらに姉の死を知り上京した千秋の弟・敏夫少年らと共に、千秋の持つ〈山吹色の糸封つき書類封筒〉を執拗に探し求める男の正体に迫ろうとするが、やがて彼らの前には二つの事件を結ぶ、都市銀行をターゲットにした大掛かりな犯罪の影が浮かびあがってきた・・・
 『ぼくの好色天使たち』に続く著者の大人向け長篇第七作。1980年9月刊。初期鮎哲か綾辻行人風の大胆なアリバイトリックを、コミカルな青春推理と組み合わせた大学生探偵団の二作目で、それなりに意欲的な小説。ただしメイントリックの関係でストーリーに組織犯罪を組み込んでおり、相性はあまりよろしくない。〈オペレーション・トマト〉なるマンガチックな名称や、スパイ小説もどきの展開を許容できるかどうかもおそらくは鍵。と言ってもそう聞いてイメージする程におかしな作品ではなく、随所に伏線も張り巡らせてあるが、全体としてチグハグなのは否めない。前作の『天才は善人を殺す』は未読だが、結末部分も含めシリーズ全体の色合いがどう変化したのかは気になるところ。今となっては古びてしまった要素も目立つので、評価は6点寄りの5.5点に留まる。題材的にかなり損をしていると思う。

No.1 4点 kanamori 2013/01/03 15:34
「天才は善人を殺す」の芝端敬一ら大学生探偵団の4人が活躍するシリーズの第2弾。
メンバーの紅一点”お京”の知人らの連続自殺事件を調べていくうちに、思いがけない大きなスケールの構図が浮かび上がってきて・・・といった話ですが、残念ながら前作より青春ミステリの味わいが希薄になっていて、伏線の張り具合もイマイチな気がします。時代設定が戦前や終戦直後のものより、本書のような”現代ミステリ”のほうが題材が古びてしまうのは皮肉な感覚ですが、ダイヤル式電話はやはり時代を感じますねえ。
ただ、アリバイ崩しのヒントが”フィボナッチ数列”(=「ダ・ヴィンチ・コード」でもお馴染み)というのは面白かった。


梶龍雄
1990年05月
殺人回廊
平均:5.50 / 書評数:2
1989年07月
奥信濃鬼女伝説殺人事件
平均:5.00 / 書評数:2
1989年02月
葉山宝石館の惨劇
平均:6.50 / 書評数:2
1989年01月
浮気妻は名探偵
平均:4.00 / 書評数:2
1988年12月
殺人者は道化師
平均:5.00 / 書評数:2
1988年11月
清里高原殺人別荘
平均:7.20 / 書評数:5
1988年07月
鎌倉XYZの悲劇
平均:6.00 / 書評数:3
1988年06月
女名刺殺人事件
平均:5.00 / 書評数:1
1988年01月
真夏の夜の黄金殺人
平均:5.00 / 書評数:1
1987年11月
殺人リハーサル
平均:6.00 / 書評数:1
1987年09月
裏六甲異人館の惨劇
平均:5.00 / 書評数:1
1987年06月
男と女の探偵小説
平均:5.00 / 書評数:1
1987年05月
銀座連続殺人手帖
平均:5.50 / 書評数:2
1987年03月
野天風呂殺人事件
1986年12月
本郷菊坂狙撃殺人
平均:5.00 / 書評数:1
1986年09月
浅草殺人ラプソディ
平均:4.00 / 書評数:1
1986年08月
奥秩父狐火殺人事件
平均:5.00 / 書評数:1
1986年06月
女はベッドで推理する
平均:4.00 / 書評数:1
1986年04月
紅い蛾は死の予告
平均:5.00 / 書評数:2
1986年03月
赤い靴少女殺人事件
平均:5.00 / 書評数:1
1986年02月
女たちの復讐
平均:5.00 / 書評数:1
1985年11月
毛皮コートの死体-ストリッパー探偵物語
平均:4.50 / 書評数:2
1985年09月
青春迷路殺人事件
平均:5.33 / 書評数:3
我が青春に殺意あり
1985年03月
淡雪の木曾路殺人行
平均:5.00 / 書評数:1
1984年11月
浅間山麓殺人推理
平均:4.00 / 書評数:1
1984年10月
幻の蝶殺人事件
平均:5.00 / 書評数:2
1984年09月
奥鬼怒密室村の惨劇
平均:6.00 / 書評数:2
1984年01月
幻狼殺人事件
平均:6.00 / 書評数:2
殺人魔術
平均:5.00 / 書評数:1
金沢逢魔殺人事件
平均:6.75 / 書評数:4
1983年07月
若きウェルテルの怪死
平均:6.33 / 書評数:3
1983年01月
灰色の季節
平均:6.50 / 書評数:2
殺人者は長く眠る
平均:6.00 / 書評数:4
1982年10月
リア王密室に死す
平均:6.71 / 書評数:7
1982年08月
連続殺人枯木灘
平均:5.00 / 書評数:1
1980年09月
殺人者にダイアルを
平均:4.50 / 書評数:2
1979年11月
ぼくの好色天使たち
平均:5.75 / 書評数:4
1979年06月
龍神池の小さな死体
平均:7.22 / 書評数:9
1978年12月
天才は善人を殺す
平均:4.33 / 書評数:3
1978年11月
大臣の殺人
平均:5.67 / 書評数:3
1978年05月
海を見ないで陸を見よう
平均:7.00 / 書評数:6
1977年12月
影なき魔術師
平均:3.00 / 書評数:1
殺しのメッセージ
平均:4.00 / 書評数:1
1977年09月
透明な季節
平均:5.29 / 書評数:7