海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ トラベル・ミステリ ]
黒い時刻表 鉄道公安官・海堂次郎
鉄道公安官シリーズ/別題『鉄道公安官 黒い時刻表』 
島田一男 出版月: 1977年03月 平均: 5.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


東京文芸社
1977年03月

東京文芸社
1979年02月

東京文芸社
1981年08月

徳間書店
1982年10月

No.1 5点 人並由真 2021/05/12 17:26
(ネタバレなし)
 東京駅を本拠とする国鉄の鉄道公安官、海堂次郎を主人公にした全6話の連作中編集。本来は鉄道管内、および車輌内でしか捜査権限はないのだが、事件の枠が在野に広がっていくので、そこら辺は馴染みの刑事や土地の私鉄などとも連携して調査を進める。

 1980年刊行の春陽文庫版が家の中から出てきた(買った覚えはないのだが、たぶん亡き父の蔵書?)ので、たまにはこういうものもいいかな、と思って手に取ったが、全体的に凡庸な事件ものという感じで、う~ん。改めて、似たようなものを書いてもちゃんと読ませる、生島治郎あたりの上手さを思い知った。
 いやキャラクターそのものは主人公もお色気担当の各編のメインゲストヒロインたちも悪くはないし、昭和の風俗描写や地方ローカルの点描なども、これはこれで味はあるのだが、それらがまとまって実にならない話が続くというか。中では、お嬢様学校の女子高校生の裏の顔が実はズベ公で……という『新婚特急の死神』、スリの婆ちゃんがスった財布の中にあった遺書から、事件の裾野が広がっていく『牝豹の軌道』がちょっと面白かったか。
 しかし「(この時代の)日本のエロ映画の半分以上が徳島県で撮影」されていた(『蠢く遺言』)というのはホントだろうか。


島田一男
1998年01月
夢魔殺人事件
平均:4.00 / 書評数:1
1993年02月
特捜検屍官
平均:6.50 / 書評数:2
1992年04月
特別鑑識捜査官
平均:3.00 / 書評数:1
1990年08月
十三度目の女
平均:6.00 / 書評数:1
1990年03月
誤報殺人
平均:6.00 / 書評数:1
1989年10月
走る捜査線
平均:5.00 / 書評数:1
1986年04月
東京殺人地図
平均:6.00 / 書評数:1
1981年06月
銀座殺人事件
平均:6.00 / 書評数:1
1981年04月
赤い密室
平均:7.00 / 書評数:1
1981年03月
女捜査官
平均:3.00 / 書評数:1
1977年03月
黒い時刻表 鉄道公安官・海堂次郎
平均:5.00 / 書評数:1
事件記者
平均:7.00 / 書評数:1
1976年12月
待避線の狼
平均:4.00 / 書評数:1
自殺の部屋
平均:8.00 / 書評数:1
1973年05月
科学捜査官
平均:6.50 / 書評数:2
1970年01月
殺意の絆
平均:5.00 / 書評数:2
1965年01月
Qを出す男
平均:7.00 / 書評数:1
1962年01月
影のない男
平均:4.00 / 書評数:1
1961年01月
黒い花束
平均:5.00 / 書評数:1
座席番号13
平均:7.00 / 書評数:1
錦絵殺人事件
平均:6.00 / 書評数:4
1960年01月
去来氏曰く
平均:8.00 / 書評数:2
赤い影の男
平均:6.00 / 書評数:1
鉄道公安官
平均:7.00 / 書評数:1
1959年01月
殺人名簿
平均:7.00 / 書評数:1
1958年01月
社会部長
平均:8.00 / 書評数:1
特種記者
1957年01月
その灯を消すな
平均:7.00 / 書評数:3
古墳殺人事件
平均:5.20 / 書評数:5
1955年01月
赤い影の女
平均:4.67 / 書評数:3
上を見るな
平均:6.89 / 書評数:9
1954年01月
昼なき男
平均:5.00 / 書評数:1
1953年01月
社会部記者
平均:8.00 / 書評数:1
1951年01月
湖底の囚人
平均:6.00 / 書評数:1
不明
怪人対名探偵
平均:4.00 / 書評数:1