海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

えむさん
平均点: 6.21点 書評数: 24件

プロフィール高評価と近い人 | 書評 | おすすめ

No.24 7点 動機- 横山秀夫 2004/01/23 22:02
短篇というのはごくあっさりと
読みきってしまうものが多いのだが、
この短編集にはグイグイと惹きつけるような
力があると感じた。

No.23 7点 マークスの山- 高村薫 2003/08/06 10:14
警察組織を相当に勉強したのが窺がえる。
本作にえがかれる刑事や警察組織には
生々しい現実感がある。
ただ、事件にかかわった側にたいして、
もうすこし迫った描写があったほうがよかったのではないか。

No.22 4点 鳴風荘事件- 綾辻行人 2003/08/02 06:59
ストーリーに面白みがない。
それは犯人当てという構造に由来するから
仕方ないと譲歩してもよいが、その犯人当て
そのものにも魅力が感じられない。
綾辻は好きな作家だが、「殺人方程式」の
シリーズはどちらもつまらない。

No.21 6点 ハサミ男- 殊能将之 2003/07/30 22:07
なかなかおもしろい。
叙述トリックに気づいても楽しめる作品だと思う。
「医師」をはじめとした人物や、情景描写を
楽しく読んだ。

No.20 7点 99%の誘拐- 岡嶋二人 2003/07/29 05:03
物語にスピード感や臨場感があり、
たのしめる。
読んだのは数年前なのでまた読み返してみたい。

No.19 7点 クラインの壷- 岡嶋二人 2003/07/29 04:59
みなさんがご指摘のように、発表された時期を考えると
感心する。
自分が読むのが遅かったのは残念だが、いまでも十分楽しめる作品である。

No.18 5点 覆面作家は二人いる- 北村薫 2003/07/26 21:11
電車の中で読むならちょうどよい。
けれど、どこか物足りない。

No.17 6点 黄昏の囁き- 綾辻行人 2003/03/13 05:00
「囁き」シリーズは何と言っても雰囲気であろう。
作品にただよう妖しくはかなげな雰囲気が印象深い。

No.16 6点 そして扉が閉ざされた- 岡嶋二人 2003/03/10 17:48
閉鎖された空間。
そこに閉じ込められた4人の人物。
ミステリの犯人はそのなかにいる。

このようなクローズドサークルの作品では、
しばしば展開が読みやすいことがあり、
読者はしだいに興味を失うかもしれない。
しかし、本作はその弊が少ない作品といえよう。

No.15 5点 月光ゲーム- 有栖川有栖 2003/03/07 21:45
読んだ当時大学生だったので、
ミステリクラブの大学生が人物が中心である本書には、
個人的に親近感がある。
ただ、純粋に見ればそこそこだろう。

No.14 4点 悪意- 東野圭吾 2003/03/07 21:35
策を弄したものの、ただそれだけ。
つまらない。

No.13 4点 鳥人計画- 東野圭吾 2003/03/07 21:32
下の方と同様に、よく書けているとは思うが、
よいのはそれのみか。

東野作品には、人間のブラックな部分が頻繁に描かれる。
それ自体は悪いことではなく、むしろよいことだろうと思うが、東野の描く人間の悪意は、作品を気味悪く、不消化ものにすることが多い。
本作で言えば、それは真犯人の部分であり、読んでいて
いらいらさせられる。

No.12 6点 ぼくのミステリな日常- 若竹七海 2003/03/07 21:11
短編集だが、個々の内容が最終的に収斂するところが面白い。

No.11 5点 理由- 宮部みゆき 2003/03/07 21:06
ルポルタージュ形式というのが目新しい。
だが、特筆すべきなのはそれのみに見える。
むしろ、このような形式にしなかった方がよいのではないか。

No.10 8点 さらば長き眠り- 原尞 2003/03/07 20:44
読者をひきつける魅力的な作品。
『私が殺した少女』のほうが好きだが、
文句はない。苦情を言うとすれば、早く新作を出してくれということのみである。

No.9 8点 天使たちの探偵- 原尞 2003/03/07 20:31
個々の短編が、高い完成度で揃った短編集は概して少ない。
しかし、この短編集は違う。それぞれ印象的な小編が揃っている。

No.8 9点 私が殺した少女- 原尞 2003/03/07 20:25
きわめて面白い。
ミステリ・ハードボイルドの分野で、このくらい面白いものは他に読んだ覚えがない。

No.7 7点 慟哭- 貫井徳郎 2003/03/07 20:19
賛否両論あるが、本作の叙述トリックは
面白く感じた。
くだらなく思う人もいるだろうが、
驚く人も少なくはないはず。

No.6 4点 鬼面の研究- 栗本薫 2003/03/07 20:12
つまらない。
舞台設定が魅力的に見えたので、手にとったのだが。

No.5 7点 哲学者の密室- 笠井潔 2003/03/07 20:06
いささか長い。
犯罪に対して推理しうる可能性を網羅するのは、
登場人物の信条から鑑みれば不自然ではないが、
ヒロインが連発する推理は滑稽で、冗長である。

この作品では史実を描いた個所が
よく記憶に残っている。
過去に起こった事件の謎と、それから数10年後の犯罪との関係が興味深い。

えむさん
ひとこと
(未登録)
好きな作家
(未登録)
採点傾向
平均点: 6.21点   採点数: 24件
採点の多い作家(TOP10)
綾辻行人(3)
岡嶋二人(3)
原尞(3)
東野圭吾(2)
笠井潔(2)