海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ ハードボイルド ]
犬の力
アダン・バレーラ&アート・ケラーシリーズ
ドン・ウィンズロウ 出版月: 2009年08月 平均: 7.33点 書評数: 6件

書評を見る | 採点するジャンル投票


角川書店(角川グループパブリッシング)
2009年08月

角川書店(角川グループパブリッシング)
2009年08月

No.6 7点 zuso 2021/10/13 22:49
麻薬に憑かれた三人の男と一人の女が織りなす、血と暴力と信仰に彩られた愛憎劇に打ちのめされた。悪ガキどもの宿命を淡々と綴った語り口が絶妙。

No.5 7点 八二一 2020/02/25 19:39
壮絶なヴァイオレンス描写を詩的に語った空前絶後の犯罪文学。互いに噛みつき合う如き、血と暴力と進行に彩られた三つ巴の愛憎劇。圧倒的な筆力にねじ伏せられる快感を味わった

No.4 7点 あびびび 2013/03/06 18:15
かなり重厚な物語だと思う。麻薬捜査官とコロンビア経由のコカインを扱うメキシコのファミリー。巨額が動くだけに全編にわたってけた違いのスケール。マフィア同士の報復合戦も陰惨だが、それがファミリーの結束の固さを余計に際立たせている。

最後はファミリーが分解され、麻薬捜査官が人生を賭けた闘いに勝利するのだが、すぐに次の組織が誕生し、新たな麻薬ロードが生まれるメキシコの土壌(中南米?)には、ため息しか出ない。

No.3 9点 itokin 2011/11/29 09:51
麻薬捜査官と麻薬ファミリーのドン一家の泥沼と執念の戦い。麻薬戦争の実態に多少の誇張はあるにしろ驚愕した。登場人物が多いので名前を覚えるのに苦労したが全編ダレもなく興奮の内に読み終えた。そして、第2,第3のアート・ケラーの健闘を祈った。それにしても、ウィンズロウ筆力は感嘆の一語だ。

No.2 7点 Tetchy 2010/10/30 16:42
麻薬。この現代の錬金術とも云える、人を惑わす物質はそれに関わる人々の人生を流転させる。正義を謳い、悪を征する側に付いていた者は賄賂と便宜にまみれた一大情報ネットワークを構築し、巨大組織を殲滅せんとする。が、しかしそのネットワークが次なる麻薬王誕生の足がかりとして悪用され、正義が巨悪へと転ずるのだ。
本書のドン・ウィンズロウは最初からフルスロットルだ。ゴッドファーザーといえばイタリア系マフィアが有名だが、ウィンズロウはメキシコ人の血よりも濃い“家族(ファミリー)”の絆を描く。赤茶けた砂漠と土塊で作られた建物が林立する埃立つ町並みが、常に汗ばみ、黒々と日に焼けた皮膚で佇む男どもの体臭が、そして灼熱の太陽が行間から立ち上ってくるようだ。

しかし面白いとは思うものの、世評の高さほどには愉しめなかった。先にハードボイルド路線に徹した作品『歓喜の島』というのがあるが、私が楽しめなかった作品の1つでもある。この作品の出来栄えの素晴らしさは認めるものの、何かを残す作品ではなかった。しかしこれは全く好みの問題。恐らく『ゴッド・ファーザー』が好きな人は本書を21世紀版のそれとして読み、愉しむことが十分出来る濃厚な作品である。

No.1 7点 kanamori 2010/04/14 18:05
メキシコの組織と捜査官アート・ケラーとの30年に及ぶ麻薬戦争を描いた大作。
テイストは<ストリート・キッズ>ニール・ケアリーシリーズと随分違いますが、物語の疾走感はいつものウィンズロウ節です。
麻薬組織の兄弟、貧民街育ちの若い殺し屋、高級娼婦ノーラなど主要人物だけでも10人を超え、人物もそれぞれが魅力的で、衝撃的な一つ一つのエピソードは読ませますが、疾走しすぎの感じです。
これだけの人物を配した30年間の物語であれば、この分量では短すぎで、じっくりと全5巻ぐらいで書きこんでもらいたかった。


ドン・ウィンズロウ
2020年07月
壊れた世界の者たちよ
平均:10.00 / 書評数:1
2019年07月
ザ・ボーダー
平均:8.00 / 書評数:1
2018年03月
ダ・フォース
平均:7.00 / 書評数:3
2016年04月
ザ・カルテル
平均:8.67 / 書評数:3
2015年12月
失踪
平均:6.50 / 書評数:2
報復
平均:6.00 / 書評数:2
2013年08月
キング・オブ・クール
平均:7.00 / 書評数:1
2012年09月
紳士の黙約
平均:8.50 / 書評数:2
2012年02月
野蛮なやつら
平均:7.00 / 書評数:2
2011年07月
夜明けのパトロール
平均:6.67 / 書評数:3
2011年04月
サトリ
平均:7.33 / 書評数:3
2010年09月
フランキー・マシーンの冬
平均:8.50 / 書評数:2
2009年08月
犬の力
平均:7.33 / 書評数:6
2006年08月
砂漠で溺れるわけにはいかない
平均:7.00 / 書評数:1
2005年07月
ウォータースライドをのぼれ
平均:7.50 / 書評数:2
2001年09月
カリフォルニアの炎
平均:9.00 / 書評数:2
1999年09月
歓喜の島
平均:7.00 / 書評数:1
1999年06月
高く孤独な道を行け
平均:8.50 / 書評数:2
1999年05月
ボビーZの気怠く優雅な人生
平均:6.00 / 書評数:2
1997年03月
仏陀の鏡への道
平均:8.00 / 書評数:1
1993年11月
ストリート・キッズ
平均:7.67 / 書評数:3