海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
切断
大阪府警シリーズ
黒川博行 出版月: 1989年02月 平均: 6.50点 書評数: 4件

書評を見る | 採点するジャンル投票


新潮社
1989年02月

新潮社
1994年07月

東京創元社
2004年11月

No.4 6点 TON2 2012/11/04 20:18
指の死後切断のトリックはすぐに分かりました。緊張したストーリーでよくできています。
しかし、チンピラであるはずの犯人が、どうしてこんなにハードボイルド調に犯行を遂行できるのか、説明が足りません。兄妹の近親相姦というだけでは説明できないと思います。

No.3 7点 あびびび 2011/10/11 14:34
黒川作品は疫病神シリーズが人気で、確かにおもしろいが、1980年代の作品の中ではダントツにおもしろかった。

最後まで息をつかせぬ復讐劇は、大阪という都市の設定が良く似合う。大阪在住の作家だけに町角の描写が実に的確だ。

この本のタイトルである「切断」にどんな意味があるのか?なぜ殺した人間の一部を切断するのか?ある程度推理はできても先を読みたくなる。

No.2 5点 メルカトル 2010/06/05 00:23
感情を可能な限りそぎ落としたかの如き文体が、異様なほどのクール感を醸しだしている。
しかしなあー、トリックは最初からネタ割れしているし。
よって高得点はあげられない、申し訳ないが。

No.1 8点 ZAto 2009/10/17 13:27
ストーリーそのものは凄惨な殺しの場面があり、珍しくレイプまがいの描写もあり、銃撃、誘拐、追跡、爆破と
黒川作品としても最大限にエンターティメントの要素を盛り込みんだもの。
それでいて本格推理ものの領域に踏みとどまっているのだから贅沢な作品であることには違いない。
自らひと皮もふた皮も剥けようとする黒川の筆致が安易なカタルシスを許さない硬質感を産んでいる。


黒川博行
2021年11月
熔果
平均:6.00 / 書評数:1
2018年06月
泥濘
平均:7.00 / 書評数:2
2017年03月
果鋭
平均:6.00 / 書評数:1
2014年08月
後妻業
平均:6.00 / 書評数:1
2014年02月
破門
平均:7.00 / 書評数:2
2012年11月
繚乱
平均:8.00 / 書評数:1
2009年07月
螻蛄(けら)
平均:7.00 / 書評数:1
2009年01月
煙霞
平均:7.00 / 書評数:1
2008年06月
蜘蛛の糸
平均:5.00 / 書評数:1
2005年10月
暗礁
平均:7.00 / 書評数:2
2004年11月
蒼煌
平均:8.00 / 書評数:2
2002年03月
左手首
平均:7.00 / 書評数:1
2001年11月
国境
平均:8.60 / 書評数:5
1999年05月
文福茶釜
平均:6.75 / 書評数:4
1998年09月
燻り
平均:7.00 / 書評数:1
1997年03月
疫病神
平均:7.50 / 書評数:4
1996年11月
カウント・プラン
平均:6.33 / 書評数:3
1995年05月
迅雷
平均:8.00 / 書評数:1
1992年12月
封印
平均:6.00 / 書評数:2
1991年12月
大博打
平均:7.50 / 書評数:2
1991年10月
てとろどときしん
平均:6.25 / 書評数:4
1990年11月
アニーの冷たい朝
平均:6.00 / 書評数:1
1990年06月
絵が殺した
平均:6.00 / 書評数:1
1989年05月
ドアの向こうに
平均:6.50 / 書評数:2
1989年02月
切断
平均:6.50 / 書評数:4
1988年09月
八号古墳に消えて
平均:8.00 / 書評数:1
1987年04月
海の稜線
平均:6.00 / 書評数:3
1986年08月
キャッツアイころがった
平均:3.75 / 書評数:4
1985年08月
暗闇のセレナーデ
平均:5.33 / 書評数:3
1985年06月
雨に殺せば
平均:6.00 / 書評数:3
1984年09月
二度のお別れ
平均:6.00 / 書評数:4