海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 警察小説 ]
海の稜線
大阪府警シリーズ
黒川博行 出版月: 1987年04月 平均: 6.00点 書評数: 3件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1987年04月

東京創元社
2004年03月

No.3 6点 TON2 2012/11/04 11:15
面白くて一晩で読んだ記憶があります。
ブンと総長の刑事コンビの会話が漫才のようでいきいきしています。
海難事故のことを取り上げていますが、船を新造するには、そのトン数に見合う権利を買わなければならないなど、海運業関係の知識が新鮮でした。

No.2 5点 あびびび 2011/09/29 13:05
作者がまだ高校の美術教師だったころの作品と言う。一年がかりだったらしいが、キャリアのエリート係長が東京弁なのに対して、地元大阪の刑事がこてこての関西弁でストーリーは進
んで行く。

犯人そのものは意外性もなく、ごく普通だったが、綿密な取材で、海運業の世界を展開させる。しかし黒川といえば「厄病神シリーズ」で、最近の作品の方が好みかも。

No.1 7点 ZAto 2009/10/17 13:02
所謂「姿なき容疑者」を題材とした本格推理ものになるのだが、関西、四国を飛び回るスケールの大きさと、
緻密な取材力、考え抜かれた殺人トリックの妙に東西文化論という膨らみも加えて、
文庫の裏表紙に書かれた「黒川博行、初期の最高傑作」の惹句に嘘はないと思った。


黒川博行
2021年11月
熔果
平均:6.00 / 書評数:1
2018年06月
泥濘
平均:7.00 / 書評数:2
2017年03月
果鋭
平均:6.00 / 書評数:1
2014年08月
後妻業
平均:6.00 / 書評数:1
2014年02月
破門
平均:7.00 / 書評数:2
2012年11月
繚乱
平均:8.00 / 書評数:1
2009年07月
螻蛄(けら)
平均:7.00 / 書評数:1
2009年01月
煙霞
平均:7.00 / 書評数:1
2008年06月
蜘蛛の糸
平均:5.00 / 書評数:1
2005年10月
暗礁
平均:7.00 / 書評数:2
2004年11月
蒼煌
平均:8.00 / 書評数:2
2002年03月
左手首
平均:7.00 / 書評数:1
2001年11月
国境
平均:8.60 / 書評数:5
1999年05月
文福茶釜
平均:6.75 / 書評数:4
1998年09月
燻り
平均:7.00 / 書評数:1
1997年03月
疫病神
平均:7.50 / 書評数:4
1996年11月
カウント・プラン
平均:6.33 / 書評数:3
1995年05月
迅雷
平均:8.00 / 書評数:1
1992年12月
封印
平均:6.00 / 書評数:2
1991年12月
大博打
平均:7.50 / 書評数:2
1991年10月
てとろどときしん
平均:6.25 / 書評数:4
1990年11月
アニーの冷たい朝
平均:6.00 / 書評数:1
1990年06月
絵が殺した
平均:6.00 / 書評数:1
1989年05月
ドアの向こうに
平均:6.50 / 書評数:2
1989年02月
切断
平均:6.50 / 書評数:4
1988年09月
八号古墳に消えて
平均:8.00 / 書評数:1
1987年04月
海の稜線
平均:6.00 / 書評数:3
1986年08月
キャッツアイころがった
平均:3.75 / 書評数:4
1985年08月
暗闇のセレナーデ
平均:5.33 / 書評数:3
1985年06月
雨に殺せば
平均:6.00 / 書評数:3
1984年09月
二度のお別れ
平均:6.00 / 書評数:4