海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ クライム/倒叙 ]
汚れた7人
悪党パーカー
リチャード・スターク 出版月: 2008年09月 平均: 6.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


角川グループパブリッシング
2008年09月

No.1 6点 tider-tiger 2021/05/09 18:39
~前作ですべてを失ったパーカー。『なにもかもなくした いまのぼくにできること』は六人の仲間とスタジアムからフットボールの売上金をかっさらうことだった。仕事は上出来でパーカーはひとまず金をすべて預かって、仲間の一人が当てがってくれた女の家に数日滞在する。ところが、ちょっと煙草を買いに外に出たのが運の尽き。ほんの十分かそこいらの間に女はベッドに串刺しにされて死んでいた。強奪した金も消えていた。~

1966年アメリカ。『死者の遺産』の次に発表されたシリーズ七作目で原題も『The Seventh』パーカーは相変わらずの冷徹非情。数日間同衾していた女を無残に殺されてもその点についてはまるで感情を動かされない。誰の仕業なのか、そもそも目的はなんだったのか。パーカーの頭にはこうしたことしかない。
序盤はテンポも展開もかなりいい。ただ、仕事が終わったら七人でさっさと金を分けて解散でよかったのではなかろうか。パーカーがひとまず金を預かって後日配分とした理由がよくわからない。中盤ではパーカーが安全よりも金を優先して致命的な失態をやらかす。犯罪に関してはトウシロの自分でさえ「これはないない」と思ったものである。終盤のアクションはさすがの面白さで安心?して読める。『顔を雷雲みたいに黒くして』怒っているネイグリは笑える。
本作のパーカーは冷徹非情ではあったが、けっこうな抜け作だし、察しも悪すぎる。もう少し他人の気持ちを理解しようよ――他人のことを尊重し配慮する悪党パーカーというのは調子狂うが――。お陰でいろいろと後味の悪さが残るものの、それでもやっぱり面白い。

※本作の昭和46年(1971年)に角川文庫から出版されたものを所有しております。こちらはamazonに登録ないようです。定価180円です。もっと古い版もあるのかもしれませんが、参考までに。


リチャード・スターク
2008年09月
汚れた7人
平均:6.00 / 書評数:1
1999年04月
悪党パーカー/エンジェル
平均:5.00 / 書評数:1
1987年06月
悪党パーカー/標的はイーグル
1986年11月
悪党パーカー/怒りの追跡
平均:6.00 / 書評数:1
1985年04月
悪党パーカー/漆黒のダイヤ
平均:6.00 / 書評数:1
1979年04月
悪党パーカー/殺戮の月
平均:7.00 / 書評数:1
1978年05月
俳優強盗と嘘つき娘
平均:6.00 / 書評数:1
1977年02月
悪党パーカー/死者の遺産
平均:6.50 / 書評数:2
1977年01月
悪党パーカー/殺人遊園地
平均:6.50 / 書評数:2
1976年01月
悪党パーカー/弔いの像
平均:7.00 / 書評数:1
悪党パーカー/死神が見ている
平均:5.00 / 書評数:1
悪党パーカー/襲撃
平均:6.33 / 書評数:3
1971年01月
カジノ島壊滅作戦
平均:7.00 / 書評数:1
1968年01月
悪党パーカー/犯罪組織
平均:7.00 / 書評数:1
悪党パーカー/逃亡の顔
平均:5.00 / 書評数:1
1966年01月
悪党パーカー/人狩り
平均:6.75 / 書評数:4