海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ ホラー ]
うるはしみにくし あなたのともだち
澤村伊智 出版月: 2020年08月 平均: 7.50点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


双葉社
2020年08月

No.2 7点 sophia 2021/07/14 21:27
最終盤のユアフレンドの正体が明らかにされるところはよかったのですが、××さんが開けっぴろげ過ぎであること、そしてスマホが便利過ぎであることに少し醒めてしまいました。登場人物は下衆な人間が多いです。それも生徒以上に親や教師に問題があります。特に犯人の親はあり得ないでしょう。それでも人の親なのか。

以下ネタバレ

犯人は自分で思っているように醜くはないのではないかという私の読みは、スケープゴートの登場で一旦はかわされた形になりましたが、しかしそのスケープゴートの方も最初はあまり醜いという扱いはされてませんでしたよね。この辺りのバランスは作者も苦心したのではないでしょうか。それと「誰にも気付かれないように渡す」の定義が最後までよく分かりませんでしたね。「誰にも」に相手本人も含まれるのかどうかがまず意見の分かれるところだと思いますし、メールがありなら封筒を相手に直接手渡すのもありになりませんか?

No.1 8点 HORNET 2021/06/20 20:52
 四ツ角高校3年2組カーストの頂点、羽村更紗が突如自殺した。葬儀は彼女の顔が隠されたままという不審な様子で行われた。すると彼女の死をきっかけに、次々女生徒が見えない力によって容姿を傷付けられていく。担任の小谷舞香はこの異変の真相を探るうちに、学校に伝わる怪伝説を知る。それは、カースト下位の女子が「ユアフレンド」というおまじないにより、上位女子に復讐をするというおまじないの存在だった――。
 リア充女子が実権を握り、不器量な女子は忸怩たる思いでその下に甘んじるという、スクールカーストを題材にしたホラー・ミステリ。昨今のイヤミス系でよく見る舞台ではありながらも、ホラー的な臨場感・疾走感と、「呪いをかけているのは誰なのか?」というフーダニットの魅力とが掛け合い、非常に魅力的な作品だった。
 


澤村伊智
2020年10月
アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿
平均:7.00 / 書評数:1
2020年08月
うるはしみにくし あなたのともだち
平均:7.50 / 書評数:2
2019年03月
予言の島
平均:7.00 / 書評数:1
2019年02月
ひとんち 澤村伊智短編集
平均:6.00 / 書評数:1
2018年10月
などらきの首
平均:6.00 / 書評数:1
2017年06月
ししりばの家
平均:5.00 / 書評数:2
2017年01月
恐怖小説キリカ
平均:6.67 / 書評数:3
2016年07月
ずうのめ人形
平均:7.33 / 書評数:6
2015年10月
ぼぎわんが、来る
平均:7.25 / 書評数:4