海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 警察小説 ]
プリンセス刑事
白桜院日奈子&芦原直斗
喜多喜久 出版月: 2018年10月 平均: 6.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


文藝春秋
2018年10月

No.1 6点 人並由真 2018/12/12 00:09
(ネタバレなし)
 2000年以上の長きにわたって歴代の女王陛下に統治されている、もう一つの日本。都内の三鷹大学の周辺に、被害者の死体から血液を抜く謎の連続殺人鬼「ヴァンパイア」が出没していた。捜査に当たる三鷹警察署の青年刑事・芦原直斗は、ある日上司から同事件の捜査と並行して特別任務を命じられる。それは王位継承権第五位の高位にありながら、なぜか警視庁の警部補として捜査の前線に立つ若く可憐な王女・白桜院日奈子のパートナーとなることだった。
 
 文芸設定も表紙ジャケットのビジュアルもまったくふた昔前のラノベ風だが、webでの世評のとおり、どっちかというとライトノベルというよりはキャラクターものの警察小説っぽい。
 作者は漫画チックな設定と題材を必要以上におふざけに料理せず、基本的にマジメに向かい合って語っている(現実の一般人の皇室ミーハー的な視線をよく心得ながら、普段の描写に取り込んでいる)。
 ある動機から刑事に憧れて無辜の国民を守ろうとする主人公ヒロインのイノセントな真っ直ぐさも、そんな彼女とラブコメチックなナイト役を演じる男子主人公の献身ぶりもフツーに微笑ましい。これはこういうものとして、よく出来ている。
 ミステリ的には登場人物の整理が行き届きすぎてもうひとつ容疑者の幅が広がらず、どんでん返しの先に明かされる真犯人の正体に意外性が薄いのはナンだが、なぜ犯人が毎回の犯行で血を抜いたかのホワイダニットはちょっと面白い。ここが気に入る人は、ミステリとしてもそれなりに悪くない点をつけるだろう。
 魅力的なキャストと外さない演出スタッフを揃えれば、23時深夜枠の連続6回一時間TVドラマとかの原作にぴったりな作品。
 作者は続編を書く用意もあるようで、出たらまた読みます。


喜多喜久
2020年08月
動機探偵
平均:7.00 / 書評数:1
2019年02月
死香探偵 連なる死たちは狂おしく香る
平均:6.00 / 書評数:1
2018年11月
科警研のホームズ
平均:5.50 / 書評数:2
2018年10月
プリンセス刑事
平均:6.00 / 書評数:1
2018年02月
化学探偵Mrキュリー7
平均:5.00 / 書評数:1
2018年01月
死香探偵 尊き死たちは気高く香る
平均:6.00 / 書評数:1
2017年06月
化学探偵Mrキュリー6
平均:6.00 / 書評数:1
2016年12月
化学探偵Mrキュリー5
平均:5.00 / 書評数:1
2016年03月
化学探偵Mrキュリー4
平均:5.00 / 書評数:1
2015年06月
化学探偵Mrキュリー3
平均:6.00 / 書評数:2
2015年03月
桐島教授の研究報告書
平均:6.50 / 書評数:2
2014年07月
化学探偵Mrキュリー2
平均:5.00 / 書評数:2
2013年11月
二重螺旋の誘拐
平均:6.75 / 書評数:4
2013年07月
化学探偵Mr.キュリー
平均:5.25 / 書評数:4
2013年05月
猫色ケミストリー
平均:5.00 / 書評数:3
2011年03月
ラブ・ケミストリー
平均:6.00 / 書評数:3