海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
神のダイスを見上げて
知念実希人 出版月: 2018年11月 平均: 7.00点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


光文社
2018年11月

光文社
2018年12月

光文社
2021年07月

No.2 7点 sophia 2021/11/25 23:34
小惑星の衝突による地球滅亡をタイムリミットとしたフーダニット&復讐劇。接触した人物が次々と殺されていき主人公自身も容疑者になってしまうというというサスペンス要素もあり、謎めいた同級生の女の子との青春もあり、それら全てが終末的な潮流に支配されているという、言うなれば一種の特殊設定ミステリーといった作品です。追いかける犯人像が二転三転していくのはこの手の作品の王道なのですが、最後の最後のどんでん返しが推測に過ぎず雑に感じました。もう少し根拠となるような伏線を張ってもらいたかったです。それと市川憂人の某作を先に読んでいなければなあという個人的事情も併記しておきます。

No.1 7点 makomako 2021/09/23 20:08
硝子の塔の殺人のようなバリバリ本格推理を読んだ後に本作を読んだせいか、大分SFぽい感じがしましたが、これはこれでなかなか楽しめました。
 ある星が地球へ激突するかもしれないといったパニック状態がベースにあるのですが、意外にパニック感は少ない。作者はむしろこのシチュエーションをベースとしての話をしたたかに作り上げています。
 素晴らしい才能の持ち主なのでしょう。同業者としてこんなことを言うのは何ですが、できれば我々ミステリーファンのために作家の方へ重点を置いてほしいものです。
 私は新本格の作家たちと年代が重なるので、多くの新本格作品をリアルタイムで読んできました。次の作品が出るのを心待ちに待ち続け、発表されると同時に本屋さんへ出向いたものです。
 現在私にとって知念氏は新作が出るのが最も心待ちになる作家さんです。
 次作も期待していますよ。


知念実希人
2021年12月
真夜中のマリオネット
平均:6.50 / 書評数:2
2021年07月
硝子の塔の殺人
平均:7.85 / 書評数:13
2021年03月
傷痕のメッセージ
平均:7.00 / 書評数:1
2020年03月
十字架のカルテ
平均:7.00 / 書評数:1
2018年11月
神のダイスを見上げて
平均:7.00 / 書評数:2
2018年03月
祈りのカルテ
平均:5.00 / 書評数:1
2017年10月
蘇る殺人者 天久鷹央の事件カルテ
平均:6.00 / 書評数:1
2017年09月
崩れる脳を抱きしめて
平均:6.67 / 書評数:9
2016年10月
時限病棟
平均:5.00 / 書評数:1
2016年09月
あなたのための誘拐
平均:8.00 / 書評数:2
2016年06月
白銀の逃亡者
平均:5.50 / 書評数:2
2015年10月
神酒クリニックで乾杯を
平均:4.00 / 書評数:1
2015年07月
黒猫の小夜曲
平均:6.00 / 書評数:1
2015年05月
リアルフェイス
平均:6.00 / 書評数:2
2015年02月
天久鷹央の推理カルテⅡ ファントムの病棟
平均:6.00 / 書評数:1
2014年12月
仮面病棟
平均:5.57 / 書評数:7
2014年09月
天久鷹央の推理カルテ
平均:4.67 / 書評数:3
2013年11月
優しい死神の飼い方
平均:6.00 / 書評数:2
2013年07月
ブラッドライン
平均:6.00 / 書評数:1
2012年04月
誰がための刃 レゾンデートル
平均:6.00 / 書評数:1