海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
インタビュー・イン・セル
殺人鬼フジコの真実
真梨幸子 出版月: 2012年11月 平均: 3.67点 書評数: 3件

書評を見る | 採点するジャンル投票


徳間書店
2012年11月

No.3 2点 simo10 2013/05/27 21:09
「殺人鬼フジコの衝動」の続編。第一作「~衝動」のその後が描かれており、その真相にもさらに迫るとのこと。(それだけで買ったのだが‥)
話の構成はフジコの小学校以降の育ての親、下田茂子とその息子健二に対して第三者(雑誌記者)の視点からクローズアップしたもの。
その内容たるや「~衝動」のような面白みも全くなく、只々胸糞が悪くなるものでした。
確かにラストの方に新たな真相が明かされたが「ふうんそうなんだ」としか思えない。
はっきり言って「~衝動」の売れ行きに便乗しただけの適当な作品です。いきなり書き下ろしで文庫化したこともその裏付けになってると思います。こんな内容のない糞みたいな本を買ってしまった自分に腹が立つ。

No.2 4点 いけお 2013/05/23 00:50
強引に感じる点もいくつかあり、前作の評価に依存する。
異常者ばかりで意外性が麻痺してしまう。

No.1 5点 シーマスター 2013/03/27 22:51
サブタイトルのみで買い。

残忍な連続殺人が現実の「北九州連続監禁殺人」にインスパイアされた事件として描かれているが、今現在これを読み始めてまず脳裡にフラッシュするのは何と言っても尼崎でしょう。(書かれた時期からして作者も十分意識していたはずだと思うが..)

前作『殺人鬼フジコ』は本当に酷い話だったが、そのリーダビリテイは(少なくとも自分には)絶大なものがあった。本作はその点では数段劣るものの作者の作品構成力という点においては毎度のことながら唸らされる仕上がりになっている。ただ「あの女性」が最後にあそこまでやるモチベーションなど、いくつか理解し難い点があるのも毎度のことだが。

かなりの技巧派でありながら、この作者が今ひとつメジャーになれないのはエログロ色の濃いイヤミスを敢えて手に取る読者層が薄いことに加えて、散乱した糸の断片が1本に繋がっていくが如くの仕掛けについていくのに少々エネルギーを要するという所以もあるかもしれない。
あとは、どうしても湊かなえの影に隠れてしまうというところだろうか...


真梨幸子
2019年05月
初恋さがし
平均:4.00 / 書評数:1
2019年02月
6月31日の同窓会
平均:5.00 / 書評数:1
2018年01月
ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで
平均:6.50 / 書評数:4
2017年07月
祝言島
平均:4.00 / 書評数:1
2017年02月
カウントダウン
平均:5.00 / 書評数:1
2016年11月
イヤミス短篇集
平均:5.67 / 書評数:3
2016年07月
私が失敗した理由は
平均:4.00 / 書評数:1
2015年09月
アルテーミスの采配
平均:7.00 / 書評数:1
2015年03月
お引っ越し
平均:6.50 / 書評数:2
2014年04月
人生相談。
平均:5.25 / 書評数:4
2013年07月
鸚鵡楼の惨劇
平均:7.00 / 書評数:2
2012年11月
インタビュー・イン・セル
平均:3.67 / 書評数:3
2012年10月
あの女
平均:6.50 / 書評数:2
2011年02月
カンタベリー・テイルズ
平均:7.00 / 書評数:1
2010年03月
更年期少女
平均:6.00 / 書評数:1
2009年03月
ふたり狂い
平均:4.50 / 書評数:2
2008年12月
殺人鬼フジコの衝動
平均:5.36 / 書評数:11
2008年09月
クロク、ヌレ!
平均:6.00 / 書評数:1
2007年10月
深く深く、砂に埋めて
平均:5.50 / 書評数:2
2006年06月
女ともだち
平均:6.00 / 書評数:2
2005年04月
孤虫症
平均:6.00 / 書評数:2