海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 時代・捕物帳/歴史ミステリ ]
ダビデの星の暗号
名探偵・芥川龍之介
井沢元彦 出版月: 1984年12月 平均: 6.00点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1984年12月

KADOKAWA
2005年10月

No.2 7点 mediocrity 2019/11/04 14:50
『猿丸幻視行』は折口信夫が主人公だったが、今回の主役は芥川龍之介。
伊達騒動にまつわる暗号解読がメイン。タイトルを見ただけで分かるが、日猶同祖論ももちろん絡んでくる。
『逆説の日本史』と同じく説明が所々くどい。どこまでが事実でどこからがフィクションなのかわかりにくいが、後西院天皇が後西天皇に表記が変わったあたりの話は興味深い。
ミステリ度合いは『猿丸幻視行』より低いが、ストーリーは楽しかった。

No.1 5点 kanamori 2010/05/28 18:44
芥川龍之介を探偵役にした歴史謀略系ミステリ。
伊達騒動の裏の真相に繋がる掛け軸の暗号や、日本人ユダヤ同祖説などの奇説を絡ませた密室殺人を描いていて、さらに脇役で江戸川乱歩を登場させるなどサービス精神旺盛なところは買いですが、大風呂敷を広げた割に真相がアレではちょっと腰砕けの感じです。


井沢元彦
2008年03月
六点鐘は二度鳴る
平均:5.00 / 書評数:1
1994年02月
顔のない神々
平均:1.00 / 書評数:1
1992年09月
謀略の首
平均:5.00 / 書評数:1
1991年06月
卑弥呼伝説
平均:4.00 / 書評数:1
1990年07月
隠された帝
平均:6.00 / 書評数:3
1989年10月
義経はここにいる
平均:4.50 / 書評数:2
1988年12月
忠臣蔵元禄十五年の反逆
平均:5.50 / 書評数:2
1986年12月
義経幻殺録
平均:3.50 / 書評数:2
1986年09月
欲の無い犯罪者
平均:6.00 / 書評数:1
1985年07月
五つの首
平均:6.00 / 書評数:1
1984年12月
ダビデの星の暗号
平均:6.00 / 書評数:2
1983年12月
修道士の首
平均:7.00 / 書評数:1
1983年10月
殺人ドライブ・ロード
平均:6.50 / 書評数:2
1982年07月
六歌仙暗殺考
平均:6.00 / 書評数:2
1981年06月
本廟寺焼亡
平均:6.00 / 書評数:2
1980年09月
猿丸幻視行
平均:7.27 / 書評数:11