海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格 ]
切り裂かれたミンクコート事件
ウィルキンズ警部
ジェームズ・アンダースン 出版月: 2006年11月 平均: 6.50点 書評数: 4件

書評を見る | 採点するジャンル投票


扶桑社
2006年11月

No.4 7点 八二一 2021/05/12 20:34
キャラクターは楽しいし、ユーモア抜群だし、展開は意表を突いているし、本格ミステリとしてのインパクトも強い。このような遊び心満点の小説を読むとエレガントな気分になれる。

No.3 6点 nukkam 2014/08/28 16:32
(ネタバレなしです) 「血染めのエッグ・コージイ事件」(1975年)の続編にあたる1981年発表の本格派推理小説です。前作のネタバレはありませんが登場人物の一部が共通しているので先に前作を読んでおくことを勧めます。前作のような大トリックこそありませんが黄金時代の本格派推理小説を髣髴させる、絢爛たる謎解きが楽しめるのは本書も一緒。名前だけながら先人作家の名探偵が作中で引き合いに出されるぐらいですから。ユーモアも健在で、23章の終わりでは思わず笑ってしまいました。

No.2 6点 kanamori 2010/08/06 21:24
疑似古典本格ミステリ、”オールダリー荘”シリーズの第2弾。
前回の事件でパーテイに懲りた荘園主の伯爵ですが、映画撮影に協力し、結果的に荘園に色々な思惑の人々が集まってくるという前回同様のシチュエーションになってしまうのが笑える。
アリバイ偽装のトリックはちょっと拍子抜けの感がありますが、ダミー探偵役を設定して物語を翻弄させながら、今回もヴォリュームのある解決編で楽しませてくれてます。

No.1 7点 こう 2008/12/22 00:45
 2年前たまたま書店で見つけて狂喜した「エッグコージィ」の続編です。
 今回もオールダリー荘へ様々な人物が集まりそこで殺人事件が起こりそこへウイルキンズ警部がいやいやかけつけ事件を解決する、というスタイルで前作のスタイルを踏襲しています。
 いわゆる古き良き本格のスタイルでありそのミステリパロディシリーズなのですがパロディではなくミステリがメインなので個人的にはとても好きです。
 プロローグは謎の女の独白、それから前作引き続きの伯爵一家の紹介、その後各登場人物が紹介され「お屋敷」に向かう様が描かれ、やがて全員が集合したところで殺人が起きて、というお約束通りです。
 前作同様登場人物が一癖も二癖もあり真相がわかる前に暴かれる登場人物たちの正体、狙いが相変わらず面白いです。
 また今回は海外作品でよく見られる「名探偵への皮肉」を見せる為に「オールグッド警視」というキャラクターを配し効果を上げています。
 ミステリとしての出来は前作の荒唐無稽ぶり、バカミスぶりには及ばず「ミンクコート」もあまり効果を上げていませんが前作が楽しめた方には十分楽しめると思います。解説によると第三作がある様ですが是非出版してほしいです。


ジェームズ・アンダースン
2006年11月
切り裂かれたミンクコート事件
平均:6.50 / 書評数:4
1991年11月
証拠が問題
平均:6.83 / 書評数:6
1989年06月
殺意の団欒
平均:6.50 / 書評数:2
1988年06月
血染めのエッグ・コージイ事件
平均:7.38 / 書評数:8
1986年09月
ハリウッド殺人事件
平均:5.00 / 書評数:1