海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 社会派 ]
新世界
柳広司 出版月: 2003年07月 平均: 2.50点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


新潮社
2003年07月

KADOKAWA/角川書店
2006年10月

No.2 1点 いけお 2012/10/01 01:21
つまらない。
重いテーマを取り扱っている割に、内容が薄い。
ミステリとしての完成度が致命的に低い。
文章も脈絡の無い部分が多々あり、意味がわかりにくい。
リーダビリティが低い、では表現できないほど読み進めるのがしんどかった。

No.1 4点 touko 2010/02/28 15:49
原爆開発の主導者であったオッペンハイマーをメインに据えた、ロスアラモスでの同じく原爆開発に関わった科学者が狙われることによって起こった誤認殺人事件をめぐるミステリ。

紋切り型の反戦平和のメッセージが強すぎ、科学者たちが戯画化されすぎ、原爆の描写にしても、いるかの童話にしても、これまで散々書かれてきたものの縮小再生産に過ぎず、オリジナリティやインパクトを感じませんでした。
つるりとした○○、やれやれ、損なわれた、等の村上春樹の影響を受けた文体も鼻につきます。
作者の主張に賛同できないわけでは決してないけれど、こんなステレオタイプの平和論は、むしろ思考停止の始まりだと感じてしまうほど薄っぺらで奥行きがないんです。
オッペンハイマーなんてその多面性は有名だし、資料が豊富なんだから、その気になればいくらでも重層的に書ける人物でしょうに、落としどころがそことは、作者のメッセージ性が先行したんだろうなあ。

肝心のミステリとしても超常現象もありの世界で、かなりしょぼかったです……。


柳広司
2021年01月
アンブレイカブル
2020年01月
太平洋食堂
2017年08月
風神雷神 雷の章
2015年01月
ラスト・ワルツ
平均:5.33 / 書評数:3
2014年07月
ナイト&シャドウ
平均:7.00 / 書評数:1
2013年06月
楽園の蝶
2012年03月
パラダイス・ロスト
平均:6.00 / 書評数:6
2011年12月
怪談
平均:6.00 / 書評数:1
2011年04月
ロマンス
平均:6.00 / 書評数:2
2010年11月
最初の哲学者
平均:5.00 / 書評数:1
2010年05月
キング&クイーン
平均:5.25 / 書評数:4
2009年08月
ダブル・ジョーカー
平均:5.87 / 書評数:15
2009年02月
虎と月
平均:6.00 / 書評数:1
2008年08月
ジョーカー・ゲーム
平均:6.59 / 書評数:27
2007年04月
漱石先生の事件簿 猫の巻
平均:5.00 / 書評数:1
2007年03月
百万のマルコ
平均:6.00 / 書評数:2
2006年05月
シートン(探偵)動物記
平均:6.00 / 書評数:3
2006年03月
トーキョー・プリズン
平均:5.25 / 書評数:8
2005年11月
吾輩はシャーロック・ホームズである
平均:7.00 / 書評数:3
2004年10月
ザビエルの首
平均:6.50 / 書評数:2
2003年07月
新世界
平均:2.50 / 書評数:2
2002年06月
はじまりの島
平均:6.60 / 書評数:5
2001年10月
饗宴 ソクラテス最後の事件
2001年09月
贋作『坊ちゃん』殺人事件
平均:5.00 / 書評数:3
2001年02月
黄金の灰
平均:5.00 / 書評数:1