海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
図地反転
曽根圭介 出版月: 2009年09月 平均: 5.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2009年09月

No.1 5点 猫サーカス 2021/10/13 18:45
己の目で見たものは間違いない、と誰しも思っている。だが、見た目や先入観に惑わされる人は多い。ましてや、自分の記憶さえ、後になって都合よく改竄してしまう場合があるという。そんな人間心理の複雑なあやを扱った犯罪サスペンス。新米刑事の一杉研志は、幼児殺害事件捜査の応援で隣の署へまわされた。約二カ月たっても進展が見られなかったとき、ある目撃証言により犯人らしき男が特定された。だが前歴や言動などからも有力な容疑者とされたものの、決め手に欠けていた。実は研志は、子供の頃に妹を同じような事件で失っていた。犯人は逮捕され刑に服したが、一方で冤罪の可能性があったという。単なる犯人捜しではなく、現在と過去の犯罪を追うことによって見える真実を暴き出そうという物語。個人ばかりか、組織全体が見誤ることは、これまでも多くあったことだ。その過程を具体的に描き出すことで、奥底にある心理をあぶりだし、ドラマを劇的なものにしている。


曽根圭介
2019年08月
腸詰小僧
平均:7.00 / 書評数:1
2010年10月
熱帯夜
平均:6.50 / 書評数:2
2009年09月
図地反転
平均:5.00 / 書評数:1
2007年11月
平均:7.00 / 書評数:1
2007年08月
沈底魚
平均:6.00 / 書評数:3