海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ その他 ]
その犬の歩むところ
ボストン・テラン 出版月: 2017年06月 平均: 6.50点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


文藝春秋
2017年06月

No.2 6点 YMY 2022/05/03 23:43
人間の善意と愛を最もよく理解する犬が、様々な人々の魂を生き返らせる物語。
孤独の闇の中にいて気付かずにいた他者の思いに触れ、忘れていた夢・新たな夢を抱かせてくれる。犬と"悲しみとさよならの川"を遡りながらも、それでも生きる喜びがあることをたっぷりと教えてくれる。
相変わらず作者の文章は詩的で力強く、読む者の心を何度も揺さぶる。

No.1 7点 猫サーカス 2017/09/01 21:38
犬好きの方はもちろん、そうでない方にもぜひ読んでいただきたい小説。この作品の主人公はギヴという名の犬。本書はギヴの生い立ちを、そして長い旅路を描いている。ギヴは生まれ育った地を離れ、出会った人々に寄り添って旅を続ける。土地から土地へ、人から人へ。ギヴの旅から浮かび上がるのは、過酷な出来事に満ちた世界と、その中で希望をつかみ取ろうとする人々の姿。ギヴの旅するアメリカは、つらい出来事でありふれている。テロ、戦争、自然災害。大きな事件だけではない。身近な人々の間に渦巻く愛憎もまた、悲劇をもたらす。だが悲嘆を煽るだけの小説ではない。そんな境遇でなお、良心を、あるいは誇りを忘れない人々の姿を描いている。過酷な出来事が幾つも起きるけれど、優しさに満ちた、心温まる物語である。脇役ひとりひとりの姿も心に残る、丁寧に組み立てられた小説。詩情あふれる語り口も忘れがたい。読む事自体がが快楽であり潤い、そんな一冊。


ボストン・テラン
2017年06月
その犬の歩むところ
平均:6.50 / 書評数:2
2010年08月
音もなく少女は
平均:6.00 / 書評数:1
2001年09月
神は銃弾
平均:6.00 / 書評数:2