海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

いけおさん
平均点: 5.57点 書評数: 389件

プロフィール高評価と近い人書評おすすめ

No.16 6点 八月の魔法使い- 石持浅海 2012/11/05 13:19
作者らしさが全開。
設定のリアリティであったり、愚か者と異常にロジカルな人物の極端さなども含めての限定条件だと思う。

ご都合主義な点もあるが、楽しめる作品。

No.15 3点 ブック・ジャングル- 石持浅海 2012/06/07 09:29
ミステリではないし、内容も薄く感じた。

No.14 5点 君がいなくても平気- 石持浅海 2012/05/27 00:36
設定は面白かっただけにロジックの精密さが不満。

No.13 5点 耳をふさいで夜を走る- 石持浅海 2012/05/27 00:31
動機が強引なのはいいが、理知的な主人公の行動に矛盾が出てくるのが残念。
前半は楽しめていたのだが、ラストの展開も良くない意味で意外だった。

No.12 5点 君の望む死に方- 石持浅海 2011/05/11 09:55
設定はおもしろいが、一方的で圧倒的な推理力は興ざめ。
三者がお互いの意図を認識しあっていたらよかった気がする。

No.11 2点 ガーディアン- 石持浅海 2010/09/20 01:02
何がしたいのか全くわからないままなのでどうしようもない。
論理性がなくただの変な設定の話だった。

No.10 4点 Rのつく月には気をつけよう- 石持浅海 2010/09/20 00:48
短編ごとは微妙だが、全体のまとまりと構成で多少救われている。

No.9 3点 人柱はミイラと出会う- 石持浅海 2010/09/16 18:44
質はいいが、プロットの日常っぽさとテーマの非日常の違和感に馴染めなかった。

No.8 6点 心臓と左手 座間味くんの推理- 石持浅海 2009/10/13 09:08
正当なロジックに加えて、犯人に対しての座間味くんのプロファイルも含んだ推理は読みごたえがある。
ただ、月の扉の後日談には最も期待していたがいまいちだった。

No.7 3点 BG、あるいは死せるカイニス- 石持浅海 2009/05/15 00:08
さすがに前提が突飛すぎて、退屈に感じた。

No.6 4点 顔のない敵- 石持浅海 2009/02/26 07:41
楽しめたけどかなり地味。
違うテーマの短編集も読んでみたい。

No.5 8点 セリヌンティウスの舟- 石持浅海 2008/08/24 21:40
登場人物たちの言動にリアリティが無いのは、それも含めた石持作品らしい限定条件の一部だから可。
みんなロジカルなので難しくなるところの割には、キャラのかき分けもよかった。

No.4 9点 扉は閉ざされたまま- 石持浅海 2008/03/13 13:02
無駄なくきれいにまとまっているという印象。
突っ込みどころはあるが、ありそうでなかった手法は斬新だと思う。
伏見のようなキャラは読んでいて楽しめるので、夢中になれる。

No.3 6点 水の迷宮- 石持浅海 2007/12/30 09:45
結局みんないい人で、逆に予想外だった。ボラの処理による犯人の特定はこっちにはわからない。

No.2 6点 月の扉- 石持浅海 2007/12/30 09:37
石嶺のどこがそんなにすごいのかがあんまりピンとこなかったので、なんとなく盛り上がりに欠けた。
月食の日のことも結局なにがしたいのかよくわからず。

No.1 7点 アイルランドの薔薇- 石持浅海 2007/12/28 03:11
謎やトリック、人物にしても若干浅い印象。
もう少し深く掘り下げられていてもよかった。

いけおさん
ひとこと
拙い書評ですみません。
好きな作家
東野圭吾 貫井徳郎 麻耶雄嵩 石持浅海 飛鳥部勝則など
採点傾向
平均点: 5.57点   採点数: 389件
採点の多い作家(TOP10)
東野圭吾(59)
有栖川有栖(24)
貫井徳郎(24)
歌野晶午(23)
石持浅海(16)
今野敏(15)
法月綸太郎(14)
飛鳥部勝則(13)
岡嶋二人(12)
麻耶雄嵩(11)