海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 警察小説 ]
死ぬまでにしたい3つのこと
ピエテル・モリーン&ピエテル・ニィストレーム 出版月: 2021年03月 平均: 6.50点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


ハーパーコリンズ・ジャパン
2021年03月

No.2 6点 zuso 2021/07/16 23:30
冒頭3ページで読者をつかみ、そのままの勢いで最後まで突き進む。米国とスウェーデンにまたがる物語は、どこに転がるか分からない展開と、謎とアクションに満ちた見せ場が連続する。良く出来たミステリとしての枠に収まっているが、その中で極上の驚きを味わえる作品。

No.1 7点 蟷螂の斧 2021/07/07 16:12
裏表紙より~『スウェーデンを代表する企業の社長令嬢が大量の血痕を残して失踪した。少女は腕に3つのチェックボックスのタトゥーを入れ、直前に最後の1つを埋めていた。10代の少年が容疑者に浮上したものの遺体は発見されず、未解決のまま時が過ぎた10年後、同じタトゥーを入れた少女の死が判明する。ある事情から素性を隠し再捜査に加わったFBI捜査官ジョンは、事件の深い闇に囚われていき……』~

スウェーデン発の600頁超の警察小説。フーダニットの王道もので楽しめました。主人公はおとり捜査で受けたPTSDがあり、いざという時に・・・という感じです。難点を少し。題名の謎がそれほどでもない。登場人物表を先に見てはいけません。ミニサプライズが享受できません(笑)。被害者の落とした携帯がある場所で発見されるのですが、そんな場所で誰が発見したの?とご都合主義的なところも。


ピエテル・モリーン&ピエテル・ニィストレーム
2021年03月
死ぬまでにしたい3つのこと
平均:6.50 / 書評数:2