海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格 ]
ざわめく傷跡
カリン・スローター 出版月: 2020年12月 平均: 5.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


ハーパーコリンズ・ ジャパン
2020年12月

No.1 5点 YMY 2022/08/07 22:28
冒頭から子供たちをめぐるショッキングな場面が展開していく。銃をかまえて少年を殺そうとする少女ジェニーを現場にいた警官ジェフリーがやむなく射殺する。しかも現場付近のトイレから未熟児の遺体が発見された。
女性刑事レナは、前作の事件で受けた傷を負ったまま捜査を続けていた。壮絶な体験をし、肉体も精神も修復不可能なまでに傷ついてしまった者たちが対峙することで、物語はますます重く深く熱くなっていく。何人もの子供たちを巻き込み、殺人にまで発展した事件の真相はおぞましいものだが、さまざまな意味で現代アメリカの病根に通じているのかもしれない。


カリン・スローター
2020年12月
ざわめく傷跡
平均:5.00 / 書評数:1
2020年06月
破滅のループ
平均:7.00 / 書評数:1
2015年12月
プリティ・ガールズ
平均:7.00 / 書評数:1