海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
妻は忘れない
矢樹純 出版月: 2020年10月 平均: 8.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


新潮社
2020年10月

No.1 8点 虫暮部 2021/02/22 11:13
 ネタバレするけれど、気になった点。
 表題作の終盤、Yが鑑定に応じる。しかし鑑定したらアウトなのである。どうせ負けるのにどういう思いで譲歩したのか。
 実はYは、敗北必至だとは考えていなかったのでは? 三股をかけていたのでY自身にも父親が誰だか判らず、故に最初は突っぱねたが、相手側が譲らないので、幾ばくかの可能性に期待して鑑定に応じたのだ。つまり、不義の事実は、あったのでは?
 読み返してみると、妊娠の件はともかく、“故人との不義”がYの出任せだったとはどこにも明記されていないのである。
 
 短編集としての難点は、(「裂けた繭」のみ構成上の問題でソレを免れているが)語り手が同じ人物に思えてしまうこと。コレは、風景や空気感、心の揺らぎを繊細に描く筆力があるために却って嵌まってしまう罠?
 似たような主人公ばかり書く作家は別に珍しくないし、単に“そういう作風”で片付けていいのだろうか。しかし私には、本書の諸作は、ミステリ“で”人物“を”描いているタイプに見える。従って、ストーリーや謎が別物でも、キャラクターが同系統だと二番煎じ三番煎じとの印象が残ってしまうのだ。


矢樹純
2020年10月
妻は忘れない
平均:8.00 / 書評数:1
2019年04月
夫の骨
平均:7.00 / 書評数:2
2017年09月
がらくた少女と人喰い煙突
平均:6.67 / 書評数:3
2012年08月
Sのための覚え書き かごめ荘連続殺人事件
平均:5.50 / 書評数:2