海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ SF/ファンタジー ]
無貌伝 ~人形姫(ガラテア)の産声~
望月守宮 出版月: 2010年12月 平均: 6.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2010年12月

No.1 6点 2019/01/18 23:38
ヒトデナシと呼ばれる、特異な能力を持つ精霊的存在の一体である「無貌」のシリーズ第3作です。島で起こる連続「殺人」事件の顛末ですが、断絶と水のヒトデナシである踏果(ふみはて)によって、その島が外界から隔離されているためクローズド・サークルになっているという設定です。しかし、これは評価に困る作品でした。
ファンタジーとしては、命をふきこまれた人形たちがなかなか魅力的ですし、クライマックスなどほとんど『デビルマン』をも思わせるような迫力で、おもしろかったのです。しかしミステリとしては、あまりにご都合主義で論理的欠陥も多いのです。ダミー解決を示した後の第2部の仕掛けは意外ではあるものの、なぜそんなことをという点の説明が全くついていません。落とした紙がなくなっている理由だけはなるほどと思えましたが。
とりあえずファンタジーとしての出来を考慮して、この点数。


望月守宮
2014年11月
無貌伝 ~最後の物語~
2014年10月
無貌伝 ~奪われた顔~
2012年10月
無貌伝 ~探偵の証~
2011年08月
無貌伝 ~綺譚会の惨劇~
2010年12月
無貌伝 ~人形姫(ガラテア)の産声~
平均:6.00 / 書評数:1
2009年10月
無貌伝 ~夢境ホテルの午睡~
平均:6.00 / 書評数:1
2009年01月
無貌伝 ~双児の子ら~
平均:5.67 / 書評数:3