海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ その他 ]

フランツ・カフカ 出版月: 1962年01月 平均: 4.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


河出書房新社
1962年01月

角川書店
1966年01月

河出書房
1968年01月

新潮社
1971年05月

集英社
1978年07月

新潮社
1981年02月

白水社
2001年03月

白水社
2006年06月

No.1 4点 虫暮部 2021/02/27 13:49
 有栖川有栖作品で紹介されていたので手に取ってみた……のだが、これは読みにくい。いや~しんどかった。
 地の文として人物の行動が描かれている部分は、そこに戯画的なおかしみを見出すことも出来る。問題は人が話している部分――これが“会話”と言うよりも交互に長台詞を述べ立てているだけで、その内容も空虚この上なく、恰も読者の忍耐力を試しているよう。これを延々と書き続けられる作者は病気だったんじゃないか。
 しかし最終章でアッと驚く真相と言って言えなくもないかもしれないような見解が語られるので(そこだけミステリだ)、うっかり読み始めてしまったなら最後まで読まないと元が取れない。読んでいるうちに自分が何をしているのか曖昧になって行く感覚があり、そうだ、円城塔に似ている。


フランツ・カフカ
1962年01月
平均:4.00 / 書評数:1
1953年03月
審判
平均:6.50 / 書評数:2