海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
山伏地蔵坊の放浪
有栖川有栖 出版月: 1996年04月 平均: 6.70点 書評数: 10件

書評を見る | 採点するジャンル投票


東京創元社
1996年04月

東京創元社
2002年07月

No.10 6点 HORNET 2021/02/11 16:28
 毎週土曜日にバー「えいぷりる」に集う常連たちに、山伏地蔵坊が、自身が関わった事件を語って聞かせるという形の連作短編集。事件の概要を山伏が語ったあと、常連たちが犯人を推理するパターンで、読者も同様に推理を楽しむことができる。
 有栖川氏らしいオーソドックスなフーダニットで、犯人・トリック当てクイズの体で楽しめた。

No.9 5点 虫暮部 2020/10/30 17:19
良くない意味で、普通。
「ローカル線とシンデレラ」……終電(午後九時台)に乗っていた車掌が翌朝八時に勤務している。凄いハード・ワークに思えるけどアリ?
「崖の教祖」……まともな教団かインチキか、はっきりしないところが味噌、と私などは思う。
「毒の晩餐会」……“多過ぎた”と言うのはどのような状態なのか。味見したわけでもなかろうに。そしてジョッキ。その状況では、たとえ洗ってあっても私なら怖くて呑めない。
「割れたガラス窓」……作中では触れられていないが、ガラスの破片が落ちた位置にズレがあり手掛かりになる筈。

No.8 7点 ボナンザ 2019/09/15 23:40
黒後家や三番館の線を狙った短編集。有栖川らしいロジックもあり、中々上質。作家シリーズよりも平均点は上だと思う。

No.7 7点 測量ボ-イ 2018/11/25 12:54
山伏が探偵という必然性は?ですが、アイデアは買います。
粒ぞろいの短編集ですが、ベストはやはり「毒の晩餐会」でしょうか。
氏らしいロジカルな作品です。

No.6 7点 ボンボン 2016/11/17 21:29
トリックは、まぁ普通に楽しめるとして、何といってもその外枠が面白かった。法螺話の可能性大である謎解き話を本当に法螺貝を脇に着けた山伏に語らせる冗談。それを分かりながらノリノリで付き合う聞き手たちの大人のお遊び。短編集だが、最終話でシリーズ終結を飾る納め方がちょっと素敵だ。
ちなみに戸川安宣氏の解説が超大作。

No.5 5点 まさむね 2013/04/24 22:25
 作者にとって比較的初期の短編集。ワン・トリックものの端正な短編が揃っており,個人的には好きなタイプですね。
 しかし,山伏のキャラが,その存在意義も含めて何とも中途半端。ちょっともったいない気がしましたね…ってことで1点減点かな。

No.4 8点 vivi 2007/06/01 02:16
どっしりと重いテーマに取り組んだ作品ではないけれど、犯人当てをゲーム感覚で楽しめる作品ですね。
ものすごいトリックも炸裂しているんですが、フェアといえばフェアです。
一番の名作は『毒の晩餐会』ですね。これは、ロジカルな作品で傑作だと思います。

No.3 5点 ギザじゅう 2004/02/07 12:29
山伏を探偵にというのは面白いが必然性とはいわないまでももう少し何かが欲しい気もする。
どの短編も一つのアイデアから組み立てただけといった感じが強く、どれも物足りない。安易な暗号やダイイングメッセージがないのは良かったものの、ロシアやブラジルと同じく短編としての悪い面(下手とも言える)が大いに出ている。さくっと読むぶんにはいいかも・・・。

No.2 9点 まさ 2002/10/16 18:08
まあ楽しめるほうですね。

No.1 8点 pon 2001/07/24 03:28
傑作。ただこのシリーズはだらだら続けて行くべき性質のもんだと思います。中途半端なケリの付け方は納得できないものがある。『黒後家蜘蛛』の線を狙ったんでしょうけど、日本のミステリ界では得難い味のある短編シリーズです。有栖川は「日本のクイーン」ではなく「日本のE・D・ホック」を標榜すべきではありますまいか。ずいぶん下方修正だけどさ。


有栖川有栖
2020年05月
濱地健三郎の幽たる事件簿
平均:7.00 / 書評数:1
2019年09月
カナダ金貨の謎
平均:6.71 / 書評数:7
2019年03月
こうして誰もいなくなった
平均:5.00 / 書評数:6
2018年09月
インド倶楽部の謎
平均:6.83 / 書評数:6
2017年07月
濱地健三郎の霊なる事件簿
平均:6.20 / 書評数:5
2017年01月
狩人の悪夢
平均:6.89 / 書評数:9
2015年10月
鍵の掛かった男
平均:6.83 / 書評数:18
2014年10月
怪しい店
平均:6.30 / 書評数:10
2013年08月
菩提樹荘の殺人
平均:5.75 / 書評数:8
2013年04月
幻坂
平均:6.50 / 書評数:4
2012年12月
論理爆弾
平均:6.25 / 書評数:4
2012年10月
江神二郎の洞察
平均:6.88 / 書評数:17
2012年03月
高原のフーダニット
平均:4.82 / 書評数:11
2011年09月
真夜中の探偵
平均:5.00 / 書評数:9
2010年11月
長い廊下がある家
平均:6.14 / 書評数:14
2010年06月
闇の喇叭
平均:6.43 / 書評数:7
2009年02月
赤い月、廃駅の上に
平均:5.17 / 書評数:6
2008年09月
火村英生に捧げる犯罪
平均:5.92 / 書評数:13
2008年07月
妃は船を沈める
平均:5.71 / 書評数:14
2008年05月
壁抜け男の謎
平均:4.62 / 書評数:8
2007年09月
女王国の城
平均:7.65 / 書評数:60
2006年06月
乱鴉の島
平均:5.70 / 書評数:23
2005年03月
モロッコ水晶の謎
平均:5.26 / 書評数:19
2003年11月
白い兎が逃げる
平均:6.47 / 書評数:17
2003年10月
虹果て村の秘密
平均:6.14 / 書評数:14
2003年05月
スイス時計の謎
平均:7.32 / 書評数:47
2002年06月
まほろ市の殺人 冬
平均:3.16 / 書評数:19
2002年05月
マレー鉄道の謎
平均:6.43 / 書評数:37
2001年10月
絶叫城殺人事件
平均:5.78 / 書評数:27
2001年08月
作家小説
平均:5.00 / 書評数:8
暗い宿
平均:6.48 / 書評数:21
2000年06月
幽霊刑事
平均:6.66 / 書評数:29
1999年05月
ペルシャ猫の謎
平均:4.26 / 書評数:31
1998年04月
ジュリエットの悲鳴
平均:5.38 / 書評数:16
1997年11月
朱色の研究
平均:6.29 / 書評数:31
1997年06月
英国庭園の謎
平均:5.50 / 書評数:28
1996年05月
ブラジル蝶の謎
平均:5.71 / 書評数:38
1996年04月
山伏地蔵坊の放浪
平均:6.70 / 書評数:10
幻想運河
平均:5.58 / 書評数:19
1995年05月
スウェーデン館の謎
平均:6.38 / 書評数:47
1995年03月
海のある奈良に死す
平均:3.88 / 書評数:33
1994年07月
ロシア紅茶の謎
平均:5.86 / 書評数:43
1993年12月
ダリの繭
平均:4.97 / 書評数:37
1992年03月
46番目の密室
平均:5.38 / 書評数:56
1992年02月
双頭の悪魔
平均:7.97 / 書評数:109
1990年04月
マジックミラー
平均:7.00 / 書評数:53
1989年07月
孤島パズル
平均:7.30 / 書評数:90
1989年01月
月光ゲーム
平均:5.71 / 書評数:106